聖なるもの 俗なるもの ブッディスト・セオロジーI

聖なるもの 俗なるもの ブッディスト・セオロジーI

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

諸宗教の多元的共存は可能か? 「仏教の神学」に挑む連続講義、開幕! 宗教という営みは何を目標としているのか? キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、そして仏教。異なる世界を出発点としながらも、その上に伝達可能で整合的な知の体系を構築することは、神学的方法論によって可能になる。「聖なるもの」を問う、仏教学第一人者の野心的な講義がはじまる! (講談社選書メチエ)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社選書メチエ
電子版発売日
2015年07月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

聖なるもの 俗なるもの ブッディスト・セオロジーI のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年11月15日

    仏教における「聖なるもの」と「俗なるもの」の在り方が、他の宗教などとの対比を経て分かりやすく書かれている。仏教について知りたい初心者の人(私もだが)にはオススメ。

    このレビューは参考になりましたか?

ブッディスト・セオロジー のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 聖なるもの 俗なるもの ブッディスト・セオロジーI
    諸宗教の多元的共存は可能か? 「仏教の神学」に挑む連続講義、開幕! 宗教という営みは何を目標としているのか? キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、そして仏教。異なる世界を出発点としながらも、その上に伝達可能で整合的な知の体系を構築することは、神学的方法論によって可能になる。「聖なるもの」を問う、仏教学第一人者の野心的な講義がはじまる! (講談社選書メチエ)
  • マンダラという世界 ブッディスト・セオロジーII
    聖書、インド思想、近代哲学、そして仏教。明快に語りおろす「世界」の本質。いま、社会の急激な変化に対して、仏教のうたう「普遍的な悟り」は有効なのか? 死すべき自分が「他者」の存在を理解できるのか? 各宗教の「世界」把握の方法論をたどり、現代日本に求められる世界観の体系を解明する。(講談社選書メチエ)
  • 仏とは何か ブッディスト・セオロジーIII
    宗教の本質を問う。世界的碩学による大好評講義シリーズ第3弾。あらゆる宗教の根源存在である「聖なるもの」は、仏教においてどのような姿でイメージされたのか。儀礼をキーワードに、仏・菩薩と人間との関わりかたの具体的なプロセスを通じて、いよいよ仏の本質へと迫る。(講談社選書メチエ)
  • 空の実践 ブッディスト・セオロジーIV
    宗教の実践の意味とは何か。世界的碩学による大好評講義シリーズ第4弾。仏教の中核思想「空」とは何か。自己否定とそれを通してのよみがえりという「空」の実践のプロセスから、実践行為としての仏教の本質を考究する、碩学渾身の思考。(講談社選書メチエ)
  • ヨーガと浄土 ブッディスト・セオロジーV
    立川仏教学の集大成。シリーズついに完結! 仏教を構造的に分析し、宗教の普遍的本質にせまる画期的シリーズ最終巻。縁起・空・マンダラなど仏教の伝統的概念を更新し、混沌の21世紀にこそ必須の思想として再生をはかる。碩学畢生の「セオロジー」がついにここに完結する。(講談社選書メチエ)

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています