ボディガード 二ノ宮舜

ボディガード 二ノ宮舜

作者名 :
通常価格 935円 (850円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「結婚式を中止せよ。さもなくば、惨劇が起きる」。警備保障会社に勤める二ノ宮舜はアダルトグッズ会社の社長の義理の娘である、風間小麦の警備を任される。社長夫妻が挙式したあとに、花嫁がライフルで狙撃され死亡する事態に。結婚式ののち小麦は警備担当の二ノ宮から離れて、義父の経営する工場に入ろうとする。その翌朝、小麦の自宅に一発の銃弾が撃ち込まれた。緊迫のボディガード小説決定版!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2015年06月12日
紙の本の発売
2015年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ボディガード 二ノ宮舜 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年04月14日

    プロのボディガード会社にまつわる話。
    物語の流れも、ボディガードという着想も、彼等が魅せるプロフェッショナルな行動も、登場人物の描き方も、いずれもとても魅力的で面白い作品でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月03日

    別作品のスピンオフ的な話し。これだけでも十分楽しめた。ボディーガードカッコいい。 2015.7.3

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月19日

    八木薔子シリーズのスピンオフ的な作品。『罪なき者よ、我を撃て』を改題、文庫化。また、日常とは違う世界に行ってしまったなというのが、読後の第一印象。

    八木薔子も登場するが、同僚の警備保障会社のボディガード・二ノ宮舜が今回の主人公である。二ノ宮が依頼されたのは脅迫を受けた会社社長の義娘の警護だったが…...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています