明智警部の事件簿(3)
  • 完結

明智警部の事件簿(3)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 471円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

それは、悲しみと欲望の騙し合い(コン・ゲーム)…。殺害された誘拐犯。現場に放置されていた謎の"鍵"。密接に絡み合う、殺人事件と誘拐事件。たったひとつの美しい嘘が暴かれた時、バラバラに見えたすべてのピースが思いがけない真相を指し示す──!! そして、もうひとりのエリート刑事、黄地公也(おうじ・きみや)の存在が、明智(あけち)と小林(こばやし)の関係にもたらした、思いがけない変化とは!? 傑作警察ミステリー!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
マガジンSPECIAL
電子版発売日
2015年09月17日
紙の本の発売
2015年09月
サイズ(目安)
30MB

明智警部の事件簿(3) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月28日

     3巻なので基本構造は割愛。
     前巻からのアイドルさんの話が解決して、いじめ問題系の事件が4巻へ続いている。
     合間に単発の謎解きエピソードが都合2編。
     +おまけの小説が1篇。

     おまけの小説も原作者ではなく、この作品の作家さんが書いてられるのかしら。
     子供向けミステリのようなライトなネタで、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月04日

    誘拐の真相は悲しいものだった。実父がクズで気の毒だったけど…/いじめのターゲットが誰かに変わる可能性があった…そうなんだよね。明智警部の彼女たちへの言葉で救われた。/小説のギターのくだりはなんとなく読めてた。

    このレビューは参考になりましたか?

明智警部の事件簿 のシリーズ作品 全5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 明智警部の事件簿(1)
    完結
    事件は、万引き犯を捕まえたことからはじまった。捜査一課の小林(こばやし)刑事が捕らえた万引き高校生は、現行犯にもかかわらず釈放された。彼の親である大物政治家が、警察に圧力をかけたからだ。だが、憤る小林の横にただ一人、正義を貫こうとする男がいた! 警視庁が誇る若きエリート・明智健悟(あけち・けんご)と、新米刑事・小林竜太郎(りゅうたろう)のタッグが巨悪に挑む、警察ミステリー!!
  • 明智警部の事件簿(2)
    完結
    殺害されたのは、過去の未解決事件で容疑者として取り調べを受けていた女性だった。明智と小林は、過去の担当だった女刑事・南条や昔気質の高木刑事の協力を得ながら捜査を進めるが、入り組んだ人間関係や犯人の狡猾な罠が、事件を複雑化させていた。仲間への疑念さえ生まれようとしていた現場で、明智の怜悧な頭脳が、意外な答えを導き出す――!! 傑作警察ミステリー!
  • 明智警部の事件簿(3)
    完結
    それは、悲しみと欲望の騙し合い(コン・ゲーム)…。殺害された誘拐犯。現場に放置されていた謎の"鍵"。密接に絡み合う、殺人事件と誘拐事件。たったひとつの美しい嘘が暴かれた時、バラバラに見えたすべてのピースが思いがけない真相を指し示す──!! そして、もうひとりのエリート刑事、黄地公也(おうじ・きみや)の存在が、明智(あけち)と小林(こばやし)の関係にもたらした、思いがけない変化とは!? 傑作警察ミ...
  • 明智警部の事件簿(4)
    完結
    ここに、朽ちない想いがある。屋上から転落した少年の過去。偽りの自白を繰り返す少女の意図。すれ違ってしまった心が生んだ、悲劇。縒り合わされた幾多の嘘が暴かれ、失われてしまった少年の言葉が届いた時、その罪は、あるべき決着を迎える──! 歪んだ正義が蔓延する世の中でそれでも、"正しさ"を求めて泥を啜る、誇り高き刑事たちが、ここに! 『金田一少年の事件簿』公式スピンオフ第4巻!
  • 明智警部の事件簿(5)
    完結
    正義とは何か? 最悪の罪とは何か? 信じるべきものはあるか? 幾多の事件を鮮やかに解決してきた明智に仕掛けられた、最後にして最悪の罠。完璧だったはずの男の心にわずかな"ほころび"が宿る。最後の事件が決着を迎えた時、吐く息の白く濁る冬の大地に、明智"警視"の足音が響く──。『金田一少年の事件簿』公式スピンオフにして、傑作警察ミステリー、堂々完結!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています