千の花(真夜中を駆けぬける) 2巻

千の花(真夜中を駆けぬける) 2巻

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

気鋭の芸術家、勇気と編集者の昇の恋愛は安定期に。ところがなんの前ぶれもなく昇が勇気の知らない誰かと結婚する準備を進めていることがわかり…。コミックシャレード掲載分3本を収録した、待望のシリーズ第2弾。描き下ろしは結婚式会場での二人のその後。

ジャンル
出版社
二見書房
掲載誌・レーベル
シャレード・ブックス
ページ数
205ページ
電子版発売日
2011年01月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
58MB

新刊オート購入

    Posted by ブクログ 2012年01月23日

    同じ相手に二度恋をする、と言う主軸があって、知っている筈の相手を更に好きになって行く過程が丁寧に描かれている。劇的に何かが起こって揺さぶられるのではないんだけど、心の中は嵐が吹いたりそよ風が吹いたりしている感じがサラッと書かれているように見えてそうじゃない、そう言う絶妙な依田作品のたまらないところが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月31日

    2巻目は更に二人の仲が深く繋がっていきます。
    些細な会話からも二人の関係がすごい良い空気で伝わってきて、いいなあ。と感じます。
    別れたり浮気したりと、結構色々あった二人ですが、読み終わる頃には、これからもずっと一緒に居続ける二人なんだろうなあと感じることができるくらい安心した関係になっています。お互...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月03日

    年数経って書いてるからしょうがないんだけど絵柄が変わるのがなぁ・・・と思いつつ、やっぱり好きだ。
    ハイジのとこと結婚の話には笑った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    紹介文にある『運命でも約束でもなかった長い恋』の部分には「まさしく!」といったかんじです。
    この作品にかかわらず依田さんの書かれる登場人物の心の声は、さり気ないのに(だからこそかな?)核心的で切なく響きます。
    終わり方でも十分満足だったのですが、第三巻が発売予定とのことで、そちらも楽しみにお待ちして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    なんかイイなぁ〜…この二人。羨ましい(笑)相変わらずドタバタやりながらも恋愛関係が続いていた勇気と昇。しかし、見合い話や人の死などを経験することで昇の気持ちに覚悟が生まれる。そして勇気にも――。とても上質なBLを読みましたな。相変わらず笑わせてくれる部分もあるんだけど(篠田監督とのインタビューとか/...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    日比谷勇気(画家)×土谷昇(雑誌編集者)。「真夜中を駆けぬける」続編。ゆっくりと、絶えることなく、愛を深めていってほしい二人です。何度読み返しても大好きだ!厭きない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月02日

    【真夜中を駆けぬける】の続巻。
    このシリーズは、依田さんの描く心のほの暗さが秀逸な作品。

    人を好きになるって、始まりは単純なのに継続はとても大変。
    どんな約束も確証もあやふやで、ともすれば一年後の自分の気持ちさえわからない。
    作中の勇気の「しかしもう…恋愛としては惰性かなあ…」というモノローグにド...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月18日

    勇気も昇も相手を想う気持ちは深く強くなっていくのに、素直に手を伸ばすことが出来ず一歩引いてしまうことで生まれる距離感がさらに不安を呼び…といった感じでそれぞれが空回りしてしまっているのがもどかしい。でも、いろんなエピソードが積み重なることによってそれぞれの心情が伝わってくるので、終盤のチャペルでの二...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月15日

    攻め→受けかと思いきや、攻め←受けなところが萌える
    でも攻めも受けにめちゃめちゃ執着してるのも萌える
    シリアスとコミカルの狭間な雰囲気がとてもいいです
    シリアスすぎないシリアスが良い

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    真夜中を駆けぬけるの2人の続き話。
    ふたりで今後の身の振り方を考える。
    読み終えたあとハイジ(あるぷす)を観返したくなる。
    ちなみにわたしはこちらを先に読んでしまった。
    攻めの髪型が変わる。
    自分を飽きさせないために、距離を置いたりしていた昇(受)の心境が変化していく様がいいです。

    すっごい好きな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 真夜中を駆けぬける 1巻
    天使のような初恋の人も二度目は恋のかけひき上手! 新鋭画家と編集者、幼馴染の二人の恋は… 大人気シリーズ第一弾!
  • 千の花(真夜中を駆けぬける) 2巻
    気鋭の芸術家、勇気と編集者の昇の恋愛は安定期に。ところがなんの前ぶれもなく昇が勇気の知らない誰かと結婚する準備を進めていることがわかり…。コミックシャレード掲載分3本を収録した、待望のシリーズ第2弾。描き下ろしは結婚式会場での二人のその後。
  • 美しく燃える森(真夜中を駆けぬける) 3巻
    勇気に誘われ陶芸家のもとを訪れた昇。日常の喧噪を忘れるはずが、お騒がせな出来事に巻き込まれて!? 昇の片目がある日突然開かなくなってしまう。原因不明の症状に、心配した勇気は自分の趣味も兼ねて昇を焼き物教室へと誘う。教室では急用ができた陶芸家の大澤の代わりに講師役を買って出て、女性の生徒たちに相変わらずのフェミニストぶりを発揮する勇気。陶芸の癒しどころか、昇の機嫌は徐々に悪くな...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています