まんがでわかる 頭に来てもアホとは戦うな!

まんがでわかる 頭に来てもアホとは戦うな!

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
紙の本 [参考] 1,100円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

70万部を突破した『頭に来てもアホとは戦うな! 』がついにマンガ化!
企画営業部で働く入社4年目のひとみ。
しかし、社内は意見がころころ変わる人、嫉妬で足を引っぱる人、
理不尽なアホばかり。
ひとみは、コミュニケーションコンサルタント・梶から
「厄介な人物を動かす方法」を教えてもらうことに……。
アホがみるみる味方になる最強のテクニックが、
楽しく、カンタンにわかります!

●目次
プロローグ アホと戦うのは人生の無駄
Chapter1 成功者はなぜ戦わないのか?
Chapter2 アホにはやられたフリを!
Chapter3 アホと上手に付き合いなさい!
Chapter4 アホを味方につけてこそ!
Chapter5 アホに左右されずに自分の人生を取り戻せ!

●著者プロフィール
田村耕太郎(著)
国立シンガポール大学リー・クアンユー公共政策大学院兼任教授。ミルケン研究所シニアフェロー、インフォテリア(東証上場)取締役、データラマ社日本法人会長。日本にも2 校ある世界最大のグローバル・インディアン・インターナショナル・スクールの顧問他、日、米、シンガポール、インド、香港等の企業のアドバイザーを務める。データ分析系を中心にシリコンバレーでエンジェル投資、中国のユニコーンベンチャーにも投資。元参議院議員。イェール大学大学院修了。日本人政治家で初めてハーバードビジネススクールのケース(事例)の主人公となる。著書に『君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?』(マガジンハウス)、『野蛮人の読書術』(飛鳥新社)、『頭に来てもアホとは戦うな!』(朝日新聞出版)など多数。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
朝日新聞出版
ページ数
192ページ
電子版発売日
2019年03月07日
紙の本の発売
2019年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
69MB

関連タグ:

新刊オート購入

まんがでわかる 頭に来てもアホとは戦うな! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月23日

    人生は一度しかなく短い。
    その中で輝く人生を歩むためには、自分の邪魔をしてくるアホとは戦わないことが一番である。しかし、その人は敵ではない。味方としてお互いの利益をギブアンドテイクしながらいなすことによって自分の本当にやりたい事にファーカスして行うことができる。
    そして、好きなことに対して全ての熱量...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月03日

    ①「敵」は「ただすれ違っただけの人」と思おう。
    ②「〜になりたい」「〜をしたい」と思っているのに、敵と捉えている人と戦ってばかりいると、人生の時間がなくなる。
    ③働いていられる時間はだいたい40年間。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月24日

    どうしても相容れない人(アホ)はいる。
    しかし、アホと敵対していては、時間と体力の無駄になる。
    アホを上手く使えるようにしたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月27日

    コミュニケーションを図るのに良い心の平安の保ち方が学べます。

    学生や新社会人だけでなく、人間関係で上手くいかない方、正義感が強いと言われる方、信念があり周りから浮いてしまう方、自分に自信がある方にオススメです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月04日

    まだ学生で社会に出てないけど、先生や友人に理不尽なことを言われることがあるので本の内容のような対応をとっていきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月18日

    転職にあたって新人に推薦ブックリストを作るにあたり、「新人の間は読んでも活かせない本」として参照するために読んだ。
    こういうのってもちろんテクニック的に的確で正しいのだけれど、ある程度ちゃんと仕事できる実力がないとうまく活かせないところがあるし、この本にもある通り、「まずは自分で全力でぶつかってほし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月10日

    本編も読み、漫画になったことを知って
    改めて読み直した本。

    ①カッとなったら自分を意識の上にもっていく。
    幽体離脱作戦。
    客観的にみるってとても大事。
    カッとなった時って、なかなか冷静に自分のこと
    見られないけれど、忘れずこの技を使ってみようと
    思う。

    ②嫌なやつを味方にする→したたかに立てる
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月15日

    自分の足を引っ張ってくるアホとは戦わない方法が書いてある本
    アホも人間だから、真っ向から対立すれば敵だと見なして攻撃してくるし、そんなことやってても無駄、ということがわかった
    アホのこと考える時間、行動を無駄。確かにそう思う
    世の中は理不尽。そんな世の中はよくないと思うけど、それが現状なんだろう。勧...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月03日

    アホと戦い疲弊するか、アホを見方につけて自分の人生を生きるために時間を使うのか、もちろん良いのは後者だ!
    アホを見方につける3原則は非常に参考になった。
    1非難しない
    2認める
    3相手の欲しがるものを提供する

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月21日

    カーネギーの『人を動かす』をベースとして、漫画にした作品です。
    内容が、職場の上司とのシーンに限られています。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています