ガンニバル 4
  • NEW
  • 最新刊

ガンニバル 4

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 715円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

徐々に深まる村人との対立。
大悟は食人村の真実を追い続ける中、
葛藤の末に一つの結論に辿り着く。

「三人でこの村を出よう」

だがそれは村からの逃避ではなく
真正面から後藤家に立ち向かう決意。
迫る全面対決…極限の緊迫で覆う第4巻!!

ジャンル
出版社
日本文芸社
掲載誌・レーベル
漫画ゴラク
ページ数
194ページ
電子版発売日
2019年11月18日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
73MB

新刊オート購入

    Posted by ブクログ 2019年11月26日

    物語も佳境に入ったのかな?
    前巻まで狂気の深みにはまって暴走が懸念された主人公が、娘の失踪から信念を揺り起こされ、ヒロイック路線に戻って一安心。
    妻子を村から逃がすと決断し、「あんたも一緒にいこうよ」と説得する妻へ言い放ったセリフがぐっとくる。
    それに返す妻のセリフもいい。
    そして敵の本拠地で、一族...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • ガンニバル 1
    605円(税込)
    山間の村「供花村」に赴任してきた駐在・阿川大悟。 村の人々は大悟一家を暖かく受け入れるが、 一人の老婆が遺体で見つかり、大悟は村の異常性に 徐々に気付き、ある疑念に囚われる…。 「この村の人間は人を喰ってる」──。 次々と起きる事件、村に充満する排除の空気、 一息も尽かせぬ緊迫感で放つ、 驚愕・戦慄の“村八分”サスペンス堂々開幕!!
  • ガンニバル 2
    605円(税込)
    山間の集落・供花村に赴任した駐在・大悟は 村で食人が行われていると疑念を持つが、 その過程で自らの暗い過去にも直面する。 「俺は娘の前で人を殺した」。 言葉を発さない娘との間に何が起きたか、 そして静かな村での生活に綻びが…… 驚愕の「食人村」サスペンス怒涛の第2巻!!
  • ガンニバル 3
    605円(税込)
    村の底知れぬ闇を感じながらも 何とか馴染もうとしていた大悟だが 次々と“証言者”が接触を図る。 「この村では死産が多すぎる」 我が子を奪われた女が語る 村の恐るべき実態とは……。 急展開の閉鎖社会サスペンス、圧巻の第3巻!!
  • ガンニバル 4
    続巻入荷
    660円(税込)
    徐々に深まる村人との対立。 大悟は食人村の真実を追い続ける中、 葛藤の末に一つの結論に辿り着く。 「三人でこの村を出よう」 だがそれは村からの逃避ではなく 真正面から後藤家に立ち向かう決意。 迫る全面対決…極限の緊迫で覆う第4巻!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「ガンニバル」に関連する特集・キャンペーン