眼鏡男子のお気に入り 茶葉店店主の溺愛独占欲

眼鏡男子のお気に入り 茶葉店店主の溺愛独占欲

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「こんなきれいな身体なんだから自信を持っていい」。イベント企画会社で働く莉子は25歳。引っ込み思案で男性と交際したことがない。ある雨の夕方、彼女は若い男性が泣いている場面に遭遇。動揺してその場を去るが、会社主催の中国茶教室でその男性・響生と再会する。中国茶に興味を持った莉子は響生に誘われ、彼の茶葉店に通いはじめ、穏やかな人柄の響生に心を開くようになっていく。そんななか、自信を失うきっかけとなった同級生男子が、莉子の会社に入社してくる。それを聞いた響生は、莉子に“自分と交際して自信をつけてはどうか”と提案する。内気なOLと、彼女限定で獰猛な獣になる5つ年上の茶葉店店主の、甘くてビターな溺愛ストーリー。

カテゴリ
TL
ジャンル
TL小説
出版社
パブリッシングリンク
掲載誌・レーベル
らぶドロップス
電子版発売日
2019年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

眼鏡男子のお気に入り 茶葉店店主の溺愛独占欲 のユーザーレビュー

    購入済み

    年上眼鏡男子ヤバすぎ

    みっこ 2020年07月20日

    溺愛ヤバかったの~それも心地よい溺愛!
    莉子の性格もどんどん変わって行くところも良かった!
    1番はひびきさん溺愛マジでいい!
    溺愛もの沢山あるけど、ココ最近の1番です!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ほのぼの

    あち 2020年02月27日

    終始ほのぼのとした可愛いお話でした。確かにもっとハラハラドキドキの展開があっても良かったかもしれないけど、これはこれで面白かったです
    。専門的なお茶のお話もとても興味深かったです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    良かったです。

    まあ 2020年12月10日

    素敵な運命的な出会い。
    自分に自信がないけど、カワイイ女の子。
    素敵な彼が優しく甘やかして大切にしてくれていたのに、次々と切なくなる事件が…。
    解決して良かったです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    ハイスペック彼氏

    まこ 2020年09月14日

    もぉ、彼氏が最高過ぎる!
    優しいし、家事能力高いし、甘やかしてくれるし、彼女にドはまりしてて、たまりません!しっかりじっくり向き合ってくれるし、しっかりじっくり愛してくれて、理想の彼氏がここで見れます✨

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    ロールキャベツ男子

    noun 2020年02月20日

    ロールキャベツ男子ってまさに響生のことだろうなぁ....って感じ。嫌いじゃない(笑)
    男子どころか、女子の理想でもあろう、引っ込み思案だけど清楚で素直で、華奢で小さくて可愛らしいけど実は巨乳というハイスペックな莉子。
    響生の従姉妹や人間不信のきっかけになった中学時代の同級生の莉子の同僚など、波風が立...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    かわいい話で好き

    2019年12月06日

    出会いがロマンチック感あっていい。少女マンガみたいな恋かな。彼と少しずつ仲良くなる感じも、眼鏡男子を裏切らないHなシーンも良かったです。ドロドロせず、かわいい話で、こういうのがもっとあるといいな。どうやって見つけたらいいのかがわからないけど。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    コンプレックスに共感

    koa 2020年01月14日

    内向的で異性と話すのが苦手な主人公ですが、コンプレックスの内容で自分と重なるものがあり共感しながら読みました。

    家事が万能で容姿も素敵なヒーローが登場し溺愛してくれるという、フィクションならではの展開にはドキドキしてしまいました。主人公も可愛いです。

    主人公の思考をほぼ正確に推察できるヒ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています