クレイジーで行こう! グーグルとスタンフォードが認めた男、「水道管」に挑む

クレイジーで行こう! グーグルとスタンフォードが認めた男、「水道管」に挑む

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

朽ちゆく全米の水道管は、僕たちが守る! 単身渡米したサムライ起業家、情熱の「1000日戦記」

ロボットベンチャーをグーグルに売り、世界の注目を集めた男、加藤崇。彼は今、アメリカで新たな勝負に挑んでいる。戦場は「水道管」。老朽化が深刻なインフラ保全は急務で、市場規模は100兆円。
単身渡米した熱き日本人経営者は、何を目指し、何に悩み、何を試み、走り続けたのか。本書はその3年間の記録である。

■世界と戦うには、クレイジーくらいがちょうどいい。

――「生活に必要なものは全て揃ってしまった」「イノベーションを起こすことは難しい」。そういう声をたくさん聞くが、嘘っぱちだ。

――もともと情熱のない人たちに火を点けてまわってもダメだ。どこかに存在する、変わった人たち、情熱のある人たちを探すんだ。

――僕たちの会社には何のルールもない。世界最大の問題の一つを解く。解けたら新しい問題を解く。それが楽しいから会社に来る。エンジニアもマーケティング担当も、朝9時頃に来るのは強制だからじゃない。多くの同志と会うことができて、便利だからだ。

――僕たちは大企業がやらないこと、絶対にやれないことをやる。スピードと柔軟性を併せ持ち、曖昧さと複雑さの中を走り抜ける。形式ではなく本質を見つめ、出世や建前ではなく、仲間と信用を大切にする。僕たちの挑戦は、宣戦布告だ。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
ページ数
288ページ
電子版発売日
2019年01月12日
紙の本の発売
2019年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

クレイジーで行こう! グーグルとスタンフォードが認めた男、「水道管」に挑む のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月15日

    言っていることは「根性論」だ。
    こんなことは大昔から言われていて、それで根性を植え付けるために部下を指導すれば、今はパワハラと言われてしまう。
    結局、どっちなの?ということなのだけど。
    世界は益々根性論。
    日本は益々パワハラNG論。
    つまり強制したらパワハラになるのだけど、自分の好きなことであれば、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月24日

    熱いです。
    こういう日本人がいるのは嬉しい。
    でも自分ではちょっと無理かな、と思った。
    仕事にワクワク感は必要ですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月24日

     タイトルから、ひたすら武勇伝を書き連ねた物語を想像していた(実際、序盤はそんな感じだった)が、節目ごとにきっちり悩んで経営判断していった経緯が残されていて、著者に好感が持てた。
     Oculus、Vlingo といったベンチャー発でメジャーになった技術を引き合いに出し、巨人たちの足元を一気にすくうと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月24日

    加藤さんの相も変らず、熱量が半端ない。アイディアと行動力と熱量でシリコンバレーを突き進む姿に、心を鷲掴みされた感じで、読み終えたとき、ジーンときた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月09日

    著者の成功体験を日誌のように読める
    どうしたら水道管でビジネスしようと思うのか不思議だったが、読めば納得。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月15日

    著者も書いている
    まるで部活だ

    楽しくてやっている
    だから人が集まってくる
    9時に出社するのはみんな集まって
    話がしやすいから

    人間ドックの待ち時間で一気読み

    しょぼい起業とはまた違った世界の起業
    こんな仕事がしてみたかった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月01日

    タイトルは、雑誌に掲載された副題からインスピレーションを受けたもの。内容は、日経ビジネスオンラインの連載をまとめたもの。そのため、時系列に、そしてその当時の様子や想いが率直に書かれていてよかった。なお、2013年はSCHAFTをGoogleに売却していて、著者を有名人と足らしめているみたいだが、この...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月23日

    内面の葛藤も含めて、
    赤裸々に綴ったベンチャー企業のトップの記録。

    あらためて、シリコンバレーと日本の
    彼我の格差を考えさせられる。

    これまでの常識を覆して、新たなビジネスを
    生み出すには、なにが必要なのか。

    日本社会に、課題を突きつけている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月04日

    凄い人がいたもんだ。
    異才のベンチャー起業家

    ベンチャービジネスとはルービックキューブ
    出来るか出来ないかのその前の高揚感が大切

    情熱とコミュニケーションの人。スピード感が凄いんだけどそれ以上に人間の感情の機敏が読める人。

    肩書きやスキルはいらない。大事なのはその人がどういう人なのかという事。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月15日

    情熱のない人を情熱ある人に変えるのは難しい。
    情報を発信する、話をする。その人に情熱があれば向こうからやってくる。

    フラクタ
    水道管の交換スケジュールAI最適化。
    今後35年で100兆円の産業。20兆以上のコストダウン。
    テクニカルな問題は良いチームに恵まれれば乗り越えられる。
    栗田工業との提携に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています