30の名城からよむ日本史

30の名城からよむ日本史

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

なぜ、そこに城が築かれたのか?
土塁の下に埋もれた歴史を掘り起こす!

奈良・平安の昔から幕末・明治に至るまで、城は大小問わず軍事施設であり、権力者の象徴でした。城は合戦の舞台であるだけではなく、城を舞台に繰り広げられた人間ドラマが歴史上の出来事となっていくことも多かったのです。
清洲城で開かれた清洲会議は、信長亡き後の権力闘争の舞台であり、秀吉にとっては天下統一に邁進する場となりました。

本書は30の城を舞台に歴史を改めて読み解くことで、歴史教科書では叙述されることのない日本史の裏側を浮かび上がらせる、ユニークな歴史書です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日本経済新聞出版
ページ数
304ページ
電子版発売日
2018年12月13日
紙の本の発売
2018年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
13MB

30の名城からよむ日本史 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月31日

    お城を中心にその土地を象徴する歴史にざっと触れられる。
    城郭があってもなくても、足を運んでみたくなる。
    〔首里城も出てきます。早く再建できますように。〕

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月03日

    日本にある30の名城を取り上げ、その城にまつわる歴史的事実を紹介しています。
    城は、時代が異なっていても、権力者・為政者の拠点であり、中心地でした。その城がなぜこの地に築かれたのかを知ることは、その土地そのものを知ることでもあるし、日本史に与えた影響も大きいものです。そういう視点で見ると、ただ城を見...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月13日

    30の名城を紹介。切り口自体は、そう新しくなく、どちらかといえば初心者向けのものか。まあそれでもやはり城に元々興味がある人間としては、ついつい城を巡りたくなってくる。それはこの本の力というよりも、城自体に、人を寄せ付ける力があるからではなかろうか。
    それには、城が築かれる必要性は勿論のこと、伝説や浪...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています