稼ぐがすべて Bリーグこそ最強のビジネスモデルである

稼ぐがすべて Bリーグこそ最強のビジネスモデルである

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

2018年5月26日(土)。場所は横浜アリーナ。
B.LEAGUE2年目の最終試合である
年間優勝クラブ決定戦(B.LEAGUE FINAL)が行われた。
対戦するのは東京の雄・アルバルク東京 VS 最多入場者数・千葉ジェッツ。

1万2316人の超満員。
決してチケットの値段は安くないのにもかかわらず、一般発売初日に完売。
チケットの平均客単価は7200円。
普段の試合のプロ野球やサッカー(J1)は2200~2500円、
2017-18シーズンのB1レギュラーシーズンが2000円と
考えるとかなりの強気のプライシングである。
NBAでさえ、チケット客単価は6000円である。

売上は8500万円超。
ついに、来年のFINALは1試合で1億円のチケット収入を
狙えるところまでにきた。
今はまだ難しいが、各クラブのホーム試合すべて(30試合)が、
この横浜アリーナのようになれば、チケット収入だけで各クラブが
30億円稼ぐことになる。
お客様からすれば、
当然、もっと求めやすい値段にしてほしいと言われることだろう。
でも、私には絶対譲れない信念がある。

それは、稼いでこそすべて。

今までのスポーツ団体では、
お金や収益化の話はどこかタブーの雰囲気があった。
学校スポーツの影響力が強く、お金の臭いがしないことが
なぜか美徳とされてきた。

本書の内容は、立ち上げのストーリーを
できるだけ生々しく記しながら「人材採用論」からはじまり
「リーダーシップ論」「事業戦略論」「マーケティング戦略論」「営業論」
などの本質的ポイントをまとめたつもりである。
まだまだ未完成な部分も多く、
かつ理系人間ゆえ文章が決して上手ではないが、なるべく包み隠さず
不器用なりに一生懸命表現したつもりなので、
ぜひ最後までお読みいただければ幸いです。

※「はじめに」より


■目次

第1章 「人材」でなく「人財」が成否を握る  【人材採用 論】

第2章 DNAとなった川淵流リーダーシップ論 【リーダー 論】

第3章 野球・サッカーを超える        【事業戦略 論】

第4章 ターゲットは「若者」と「女性」    【マーケティング戦略 論】

第5章 B.LEAGUE流! お金の稼ぎ方の本質    【営業 論】

第6章 すべてをかけた歴史的開幕戦の裏側   【コンテンツ 論】

第7章 B.LEAGUEの現在地、そして課題     【ビジョン 論】

■著者 葦原一正

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / マーケティング・セールス
出版社
あさ出版
ページ数
240ページ
電子版発売日
2018年11月16日
紙の本の発売
2018年09月
サイズ(目安)
15MB

稼ぐがすべて Bリーグこそ最強のビジネスモデルである のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年08月15日

    著者の葦原さんは、オリックス、パリーグ・マーケティング、DeNAを経て2015年Bリーグの初代事務局長となり、その立ち上げに尽力した。現在はBリーグを離れて2021年4月から日本ハンドボールリーグの初代代表理事となっている。

    本書は、そんな葦原さんがまだBリーグ事務局長に在職していた時代に、主にB...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月29日

    ビジネス書として非常に参考なる本で、Bリーグやスポーツビジネス以外でも参考になる内容でとても良かった。

    特に個人的に共感できたのはこの2つ。
    ・スポーツを通して社会課題を解決する事
    ・そのためにデータを活用したデジタルマーケティングを強化した事

    2016年に立ち上がったBリーグで歴史が浅いからこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月30日

    本質において一致。行動において自由。全てにおいて信頼。

    バスケットボール団体の使命
    スポーツ団体としての使命
    公益法人としての使命

    大きな情熱で仕事をしている。

    その人がやるから、信頼できる。
    任せられる。そう思われることが大切。

    言われてからやるようでは、そうにはならない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月18日

    すごく面白かったし熱い話。
    新しい組織運営、チーム運営を考える時に最初から色々な壁を突破するために作られている。
    Bリーグのこれからに期待したい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月04日

    稼ぐことは、ビジョンとリーダーシップと人材確保で達成することができるとの考えのもと、B.LEAGUEを育ててきた話は、興味深く読むことが出来ました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月20日

    やりたいことはあくまでも趣味。できることはできるくまでもただの特技。すべきことこそチームのミッション。

    走りながら考えろ。考えながら走ろではない。走りありきで、行動を起こせ、全速力で走りながら考えろ。スピード感が変わってくる。その方が何か起きそう。

    勝っても負けても楽しかったというエンターテイメ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月10日

    データはあくまで答えをみつけるためのツールで、大事なのは自分なりの仮設、そして信念だということ。
    たまにデータに踊らされそうになるので肝に銘じたい。
    読み終えて、バスケにさして興味なかった自分がBリーグにハマったのは、この戦略に乗せられたのだなとわかり、マーケティングの大切さを再認識させられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月11日

    元々バスケをやっていたので、ビーリーグには興味があり手に取ってみた一冊。

    立ち上げの苦労や工夫が勢いのある文章で書かれており筆者の熱い思いが伝わってきた。正直なところスポーツビジネスは素晴らしい選手がいれば儲かるもの、と安易に考えていたが、通常の企業同様にビジョンや戦略が必要であり、働くすべての「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月04日

    この本に触発されて昨日開幕戦を見に行った。この本に書かれた理想を達成するための改善点はあれど面白かったので今後も応援していきたい #Bリーグ #bleague

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月08日

    私よりも4歳も年下の方が、こんなにも熱い仕事をされているのを、旨を熱くして読みました。また、私自身も、幼いころはバスケットボールに憧れていたけれど、叶わなかった事を思い出し、バスケットボールの競技人口の多さに驚き、ぜひ、今度、見に行きたいとも思いました。P 36 「何がしたい、何々ができます」より、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング