ものがたりのあるものづくり ファクトリエが起こす「服」革命

ものがたりのあるものづくり ファクトリエが起こす「服」革命

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「ガイアの夜明け」(2014年9月9日放送)、「カンブリア宮殿」(2016年4月7日放送)に登場!!

世界に誇るメイド・イン・ジャパンのものづくりを守り、
育てるアパレルブランド「ファクトリエ」。

同ブランドを立ち上げた山田敏夫さんは、自らの足で日本各地を回り、
高い技術力を持つ縫製工場を訪ねては、工場のオリジナル商品を
つくってもらい、「ファクトリエ」で販売をしています。

「店舗なし」「セールもなし」「生産工場を公開」
「価格は工場に決めてもらう」--。

山田氏がファクトリエで実践するこうした取り組みは、
いずれもこれまでの日本のアパレル業界では"タブー"とされてきたことでした。

これまで消費者の前に姿を出すことのほとんどなかったものづくりの担い手、
「工場」の存在を前面に打ち出し、光を当て、その高い技術力やものづくりの姿勢を、
一人でも多くのお客さんに知ってもらう。これがファクトリエの目指す世界です。
そして2012年の誕生からおよそ6年が経った今、ファクトリエには
多くの仲間、工場、お客さんが集まってきています。

ファクトリエのこれまでと今。
アパレル業界の「新しい当たり前」をつくろうとする
山田さんの歩みを、一冊の本にまとめました。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
ページ数
176ページ
電子版発売日
2018年11月09日
紙の本の発売
2018年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ものがたりのあるものづくり ファクトリエが起こす「服」革命 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月04日

    今や 検索で「ジャパンメイド」の服を探すのは簡単ではない

    山田氏が 英語が得意で留学先にフランスを選ばなかったら。フランスでスリにあわなかったら。
    グッチがバイト先として山田氏を採用しなかったら。などなど。

    ひとの巡り合わせと彼の泥臭い行動力で今のファクトリエはあることがわかる

    勉強ができて優...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月25日

    生きるのは、目的ではなく手段だ、
    与えられたこの命をどう使うのか?

    できない理由をあげつらう暇があったら、
    行動しよう、

    そう、思わせてくれる本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月06日

    信念で突き進んでいる姿に強い刺激を受けた。ファクトリエの真面目なブランドイメージは山田さんそのものなんだな。強い想いがあってこそ人は共感していく。

    アパレルの世界はなんでこんなに透明性が低いのだろうとずっと疑問だったけれど、ブランドイメージや技術の流出を防ぐため、工場は契約を結んでいるブランドから...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月27日

    「メイドインジャパンのブランド化」のために突っ走る姿。想いが信念になり、共感を呼び事業が生まれる。素晴らしい。志良し!ファクトリエを応援したくなる。時代が求める行動力の見本みたいな人。清々しい。好きだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月11日

    「ものではなく想いを届けるブランド」全てに響くであろう良書。そのまま踏襲して実践できる内容が多い。


    ◎満足はリピートを作るかも知れないが、口コミまでは生まれない。口コミが生まれるのは、満足を超えた熱狂が生まれるとき。

    ◎熱狂を生むための仕掛け:「仲間と楽しむイベント」と「サプライズ」
    →ファン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月07日

    行動を起こすこと、熱意をこめること、主体的に考えることが大切だと思わせてくれる本。

    日本のモノづくり再生のためのひとつの手段を教えてくれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月25日

    日本の服飾関係の工場、服飾に関わる職人や技術者は、減少し続けており、日本の高い技術は、継承者がいないことで、失われていっている。

    ファストファッションの隆盛により、海外の安い賃金で服を作り、次々に流行に応じた、瞬間的な服を使い捨てる文化となっている。
    日本の服飾下請け工場は、海外との価格競争にさら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月15日

    私はここ25年ほど体型が大きく変わっていないので、一度買ったジーンズなど長く着れる服は10年単位できています。
    なので、テキトーに服を選ぶとそのテキトーな選択に10年付き合わなくてはならないわけで…

    ひさびさに、服を買いに行きたくなる本でした。
    直営店、覗いて見よう。

    あと、以下のフレーズに痺れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月08日

    インターネットだけで注文・生産・販売を行うアパレル企業の社長の立志伝です。それにしても有名ブランドの衣料品を委託生産しているのが地方都市の工場であることは知りませんでした。アパレル業界には守秘義務の慣行があって、その工場がブランドの委託を受けている事実すら公表できない理由には驚きました。地方都市の疲...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月08日

    身内に服飾の仕事をしている人がいるから、いかに服を作るのが手間がかかる作業なのかはわかっているつもりなんだけど、かたやファストファッションはめちゃくちゃ安い価格で提供されているわけで、それだけ服にまつわる労働力が買い叩かれているっていうのがわかる。
    ただ、made in japanの服でも同じような...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています