装甲空母「関ヶ原」(1)真珠湾痛撃!

装甲空母「関ヶ原」(1)真珠湾痛撃!

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

もはや日米開戦は不可避。苦悩の色を濃くする連合艦隊首脳部の前に、吉凶の判断のつかぬ連絡が入った。横須賀沖に、謎の航空母艦が突如現われたという。飛行甲板に日の丸を背負ったその艦は、装甲空母『関ヶ原』と名乗り、対爆撃防御としてアングルド・デッキ(飛行甲板)を装甲化した本格派攻撃型航空母艦だった。昭和16年、日本海軍技術陣には発想すら不可能な超空母であり、第7の空母として帝国海軍に編入された。この艦を建造したのは、沖縄にある民間造船企業の『那覇ドック』。その社長・轟木真之介の思惑は何処にあるのか、そして謎に包まれた行動…。機動部隊の一員として勇躍太平洋に赴いた装甲空母『関ヶ原』は反復攻撃を敢行、真珠湾全域を焼き焦がす。そして今、怒りに燃えたハルゼィ提督の『エンタープライズ』を旗艦とする米艦隊とハワイ沖において、日米空母艦隊が正面激突する。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 戦記(フィクション)
出版社
コスミック出版
掲載誌・レーベル
コスモノベルズ
ページ数
203ページ
電子版発売日
2018年10月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

装甲空母「関ヶ原」(1)真珠湾痛撃! のユーザーレビュー

レビューがありません。

装甲空母「関ヶ原」 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 装甲空母「関ヶ原」(1)真珠湾痛撃!
    もはや日米開戦は不可避。苦悩の色を濃くする連合艦隊首脳部の前に、吉凶の判断のつかぬ連絡が入った。横須賀沖に、謎の航空母艦が突如現われたという。飛行甲板に日の丸を背負ったその艦は、装甲空母『関ヶ原』と名乗り、対爆撃防御としてアングルド・デッキ(飛行甲板)を装甲化した本格派攻撃型航空母艦だった。昭和16年、日本海軍技術陣には発想すら不可能な超空母であり、第7の空母として帝国海軍に編入...
  • 装甲空母「関ヶ原」(2)ミッドウェー撃砕!
    帝都発空襲!ドーリットル隊の東京直接空襲に帝国海軍は震撼した。日本本土へ肉薄するハルゼィ機動部隊に立ち向かうは装甲空母“関ヶ原”ただ一隻。真珠湾での傷を癒した“関ヶ原”は錨を上げ、アメリカ艦隊へと突進を開始した。菊の御紋章を持たぬ民間空母のオーナーは『那覇ドック』社長・轟木真之助。彼は未来を垣間見た者としての責務を果たすべく、横須賀と神戸で暗躍を続ける。そして運命のミッドウェー海...
  • 装甲空母「関ヶ原」(3)ガダルカナル大炎上!
    装甲空母“関ヶ原”の奮闘によりミッドウェー島を占領した日本海軍であったが、空母四隻を失い、もはや積極攻勢に出ることは不可能だった。一方、深手を負ったアメリカ軍は急速に空母戦力を立て直し、反攻地を南溟の島ガダルカナルに定めた。制空権を握られた帝国海軍は金剛型戦艦を投入し、巨砲をもって敵飛行場の殱滅を図る。その意図を阻止すべくアメリカ軍は強引な夜間空襲をかけ、両軍は無益なる損失を...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています