角川つばさ文庫版 母さんがどんなに僕を嫌いでも

角川つばさ文庫版 母さんがどんなに僕を嫌いでも

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ぼくの家は、下町の工場だ。
ぼくはそこで働くみんなに、かわいがられて育った。
でも、ある日、ぼくは遠くの児童保護施設に
あずけられてしまった。
さびしい1年間を我慢して、やっと家に帰ってこられたけど
それからの暮らしは、地獄みたいで…。
ぼくはもう、ここにはいたくない。
家を出て、大好きな人を、ほんとうの居場所を見つけたい。
自分の力で、幸せになるんだ――!
親から愛されなかった少年が
苦難にめげず、幸せをつかむまでの、感動の実話。【小学中級から ★★】

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / 児童文学
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川つばさ文庫
電子版発売日
2018年10月15日
紙の本の発売
2018年10月
サイズ(目安)
11MB

角川つばさ文庫版 母さんがどんなに僕を嫌いでも のユーザーレビュー

    購入済み

    歌ちゃんうらやましー

    きんちゃん 2018年11月21日

    人は、何かで変われると言う希望が書かれていて、幸せな気持ちになりました!私の娘も、歌ちゃんのように、変われたらいいのになーと思いました。人と、付き合うのが、苦手で、暗いので、親として、寂しいです。私は、ちょー明るいのにねー

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年07月20日

    ちょっと前に映画化されてましたね。吉田羊さんがこわい母親役で。
    どんな親でも子供のためなら何でもできるとか、子供をかわいく思わない親はいないとか、そんなことを言われたら、虐待される子供は自分が悪いと思うしかありません。すべての親はそうではないということをもっと世の中に知らせていくためにも、児童書とし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています