天才はあきらめた

天才はあきらめた

作者名 :
通常価格 626円 (税込)
紙の本 [参考] 669円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「自分は天才にはなれない」。そう悟った日から、地獄のような努力がはじまった。

嫉妬の化け物・南海キャンディーズ山里は、どんなに悔しいことがあっても、それをガソリンにして今日も爆走する。
コンビ不仲という暗黒時代を乗り越え再挑戦したM-1グランプリ。そして単独ライブ。
その舞台でようやく見つけた景色とは――。

2006年に発売された『天才になりたい』を本人が全ページにわたり徹底的に大改稿、新しいエピソードを加筆して、まさかの文庫化!
格好悪いこと、情けないことも全て書いた、芸人の魂の記録。
《解説・オードリー若林正恭》


【目次】
はじめに
プロローグ

●第1章 「何者か」になりたい
「モテたい」という隠れ蓑
母ちゃんの「すごいねえ」
お笑いやってみたら」
全ては芸人になるために
「逃げさせ屋」を無視する
大阪怖い!
人見知りは才能?
“ならず者”たちとの日々
先輩の涙

●第2章 スタートライン
芸人養成所という魔境
相方は絶対男前
暴君山里
キングコングの快進撃
偽りでも天才になりきる
伸びる天狗山里の鼻
「もう許してくれ……」

●第3章 焦り
富男君
加速する相方への要求
天才ごっこ
圧倒的な敗北感
モチベーションは低くて当たり前
芸人になれない日々
「おもしろい」がわからない
超戦略的オーディション
“姑息ちゃん”の勝利
初めてネタを創った日
解散
「もう一度」と言えなかった
いいネタはどうしたら生まれるのか?
媚びを売って何が悪い!
ピン芸人・イタリア人
最強の相方を探せ!
南海キャンディーズ結成

●第4章 有頂天、そしてどん底
襲ってくる恐怖感
自分の立ち位置は何か?
やっと見つけた僕たちのネタ
お前たちは「素人だから」
怒りのパワーを成仏させる
僕を変えた運命の出会い
僕の中のクズとの付き合い方
「お前らのやったことの結果を見ておけ」
マネージャーを志願する男
嫉妬は最高のガソリン!
M‐1グランプリ2004スタート
医者ネタ
失うものなんか何もない
夢の始まり
M‐1バブル
しずちゃんとの初めてのぶつかり合い
ドヨーンの始まり
人と話すのが怖い
壊れていく心
M‐1グランプリ再び
「もう終わりだな」

●終章 泣きたい夜を越えて
「おもしろいから早く死ね」
よみがえる「張りぼての自信」
しずちゃんへの嫉妬
最悪だったコンビ仲が
「M‐1に出たい」
周囲からの攻撃的な言葉
「死んだ! 」
しずちゃんの涙
初めて見た景色

●解説 ぼくが一番潰したい男のこと 若林正恭(オードリー)

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2018年10月05日
紙の本の発売
2018年07月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年11月17日

オードリー若林の本を読んでから興味を持った一冊
この前やってた、ママタレの漫才を見て南海キャンディーズのネタってこんな面白いの??って思ってからずーっと興味のあった山ちゃん。
腐りきった野郎だと思ってたけど、やっぱし腐ってる!笑
二人の相方のエピソードがドクズすぎて笑

すごいのは、地獄ノートにさん...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月13日

特に印象的だったのは、「人見知りというのは、相手の気持ちを誰よりも先に考えることができる才能」という言葉。読んでよかった一冊でした

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月12日

何回も出てくる「退路を断った」という言葉が印象的。
自分がこうすれば頑張れるってキラキラ語る人はいても、どうしようもないくらいサボる自分に、どうムチをたたいて、追い詰めるかって発想はなかなかないし、それを徹底的にやり抜き、追い込むストイックさがすごい。
ちょいちょい出てくるクズな一面には驚くけれど笑...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

すごい。

山ちゃんファン 2018年10月11日

分かりやすくてどんどん読み進められ、読み終わりにはスカッとするような気分でした。
たくさんの人に読んでもらえたらいいのにな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月02日

書店の店頭で目に付いたファンキーなイラストの表紙。
手にとってよかった。

この本との出会いに感謝。

そして山ちゃんに感謝。

これまで好きでも嫌いでもなかったけど、一気に山ちゃんのファンになった。

基本的に自虐的になったり他人をディスったりして「オレって最低な人間」を演じてるけど、キチンとした...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています