京都左京区がらくた日和 謎眠る古道具屋の凸凹探偵譚

京都左京区がらくた日和 謎眠る古道具屋の凸凹探偵譚

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「へんなおっちゃんがきてん」新しいご近所さんの郷さんは、外見同様に風変わりな『古道具屋石川原』の店主だ。五人兄弟の長女で、しっかり者、女子高生の雛子は、ガラクタだらけの店内で古びた名なしの女学生日記を見つけて……? 京都を舞台に郷さんと雛子、凸凹な二人の持ち主探しが始まる! やがて、郷さん自身が秘めていた過去を知った雛子は――? 【目次】プロローグ/一章 名なしの日記/二章 持ち主が多いテディベア/三章 ときが止まった時計/四章 幽霊の落とし物/エピローグ

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社オレンジ文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2018年09月21日
紙の本の発売
2018年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

京都左京区がらくた日和 謎眠る古道具屋の凸凹探偵譚 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年08月23日

    ツッコ込みところも多いけど、全体的に良かった。
    でも京都が舞台でなかったら、感想はまた違ったかも。
    日記の話しが一番面白くて、引き込まれたので、もう少し拡げてほしかったなー。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています