小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て

小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て

作者名 :
通常価格 1,120円 (1,019円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

発売前から、マスコミ各社より取材殺到!

小児科医36年間の経験に基づく、
納得の子育て論ついに登場!


持って生まれた才能は、
いつか必ず花開く。

どの子どもも、親から受け継いだ
素晴らしい素質を持っています。
親がすべきことは、その才能が花開くのを
温かく見守ることだけです。


子どもの個性は顔立ちと同じ。
親から受け継いでいます。

・「トンビがタカを生む」はありえません。
・男の子はママ似、女の子はパパ似。と言われますが、
医学的な根拠はありません。
・背の高さは親に似ます。男の子の場合、
父親の身長+母親の身長に13cmを足して2で割った数字が目安。
プラスマイナス9cmのゆとりもあります。
・お酒に強い弱い、は、親の体質がそのまま伝わります。
・運動が苦手、体育ぎらい。
親の特性がこんなところにも出ます。

子育ての悩み、全部解消!
ぼくがいつもおかあさんたちに伝えていること
・母乳が出なければミルクでOK。
・育児に疲れたらまわりにSOSを。
・習い事は長続きしなくてもいい。
・子育てに手遅れはない。
・点滅する才能のシグナルを見逃さない。
・食べ物で頭がよくなることはない。
・不登校の子どもに必要なのは休息。

■自身がロールモデル■

4歳のときに父を脳腫瘍で亡くし、母子家庭で育つ。
脳腫瘍の原因は勉強のしすぎと思い込んでいた母から
「勉強はするな」と言われつつ医学部に進学。
体育が苦手だったが、50歳でマラソンをはじめ、58歳で3時間7分を記録。
努力の賜物ではなく、遅咲き遺伝子のおかげと思っている。
別名“日本一足の速い小児科教授”。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
マガジンハウス
ページ数
192ページ
電子版発売日
2018年09月06日
紙の本の発売
2018年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月29日

    タイトルだけを見ると「またこの手の育児書か」と思う人もいるでしょう。けれど、第4章からあとがきまでを多くの人に読んでほしい。そこには、小児科医だからこそ書ける育児へのメッセージが綴られています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月11日

    小児科医目線での子育て。

    やさしい伝え方で、日々せかせかしてるときに読んだら心が落ち着きました。
    前半は遺伝子を絡めた内容で興味深かったです。
    子供の能力や身長からお酒の強さやまで。
    そして最後のエピソードには涙してしまいました。


    大切なのは
    共感力、誰かの気持ちに寄り添える
    意思決定力、自分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月20日

    養老先生の対談のお相手だった高橋先生
    娘さんの桜のエピソードと5年国語の単元「名前つけてよ」が似通っている部分が印象的だった
    全体的に優しい語り口が、理解や納得感を促す
    子どもの自己肯定感の育みに母自身の自己肯定感が大きく影響すると書いてある‼️→p.152

    最後の章の臨床の子ども達のエピソードは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月28日

    娘が0歳のうちに読むことができてよかったです。
    妊娠中の方でも参考になるような内容もありました。

    育児に悩んでいる人に向けて書かれています。
    目の前の我が子との時間をもっと大切にしようと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月07日

    遺伝子の力を教えら、
    仕方ないものは仕方ないと思えるようになりました。
    また改めて、子育ては母親だけではなく
    父親、祖父母、保育士、先生、地域など
    たくさんの人たちで行うものだなと思いました。
    たくさんのおかあさんたちが
    弧育てにならないように、
    社会的な育児参加もしてみたいと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月18日

    きっと子育てに悩む人が楽になれる本。
    第4章は病気の子供から学ぶ子供の力と環境の力。言葉にできない思いが湧き出ました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月28日

    分かりやすく暖かい本。子供が成長したらもう一度読む。

    無理せず、焦らず、期待し過ぎず、子供を信じて向き合いましょう。生まれてきてくれただけで十分です。育児をする人みんなが健康でいることが大切。

    理想を追い求めない。親の見栄や投資や叶えられなかった夢のために子どもにやらせない。今からでも親がやれば...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月25日

    子育てに悩んでいる人に寄り添うような本。お母さんが心身ともに健康で笑顔で育児することが何より大切なこと。

    子供は周りの環境にも左右されるけど、意外と遺伝の要素も強いと知った。何かが上手くいかなくても、まだその子のタイミングではないんだな、と思うだけで心が軽くなる気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月16日

    個人特性として社交性が低く、内省が高い。気が緩むと自分本位になる母親失格な私。これってネグレクトでは?とよぎり、絶望することもしばしば。定期的に注入するこの手の母親癒し系の本を読むことでなんとか前向きに。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月09日

    2021.3.9

    悩める子育てのあれこれに優しく諭すように「気負いすぎず」「必要ないのでは?」など言ってくれて少し心が軽くなります。

    せっかくごく普通の平凡な家に生まれたのだから、あまり子供に期待しすぎずのびのび育つように見守るほうが『早期教育、知育!』って血眼になってやるよりもよっぽど健全な子...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング