野望の埋火(下) 居眠り同心 影御用25

野望の埋火(下) 居眠り同心 影御用25

作者名 :
通常価格 756円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

一橋治済の天雲閣から謎の連続身投げ事件!
一日一善が悪を呼ぶ?

元筆頭同心の居眠り番に、蝦夷をめぐる抜け荷探索の影御用が舞い込んだ! 背後に今も松平定信を怨む治済、田沼意次四男の影!

玄蕃。父の仇、松平定信に煮え湯を飲ませ、屈辱にまみれさせ死に追いやれ──。将軍家斉の実父=一橋大納言治済は、先代将軍家治の世に権勢を誇った老中田沼意次の四男、田沼玄蕃頭意正に命じた。北町奉行所の元筆頭同心で今は居眠り番の蔵間源之助に新たな影御用が舞い込んだ。蝦夷を巡る抜け荷の探索であった。どうやら治済と田沼が絡んでいるらしい。

ジャンル
出版社
二見書房
掲載誌・レーベル
二見時代小説文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2018年09月01日
コンテンツ形式
EPUB

「野望の埋火(下) 居眠り同心 ...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年03月15日

第二十五弾
一橋大納言と定信の最終決戦?、水野忠邦が新たに加わり、そして田沼の重商主義と緊縮政策を引き継ぐ水野
今度は極楽教なる団体と、アイヌ、そして高層建築天雲閣
ちょっと政治が絡みすぎか?

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,482

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!