小説NieR:Automata(ニーアオートマタ) 少年ヨルハ

小説NieR:Automata(ニーアオートマタ) 少年ヨルハ

作者名 :
通常価格 1,018円 (926円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』前日譚となる舞台「少年ヨルハ」を、著者:映島巡、監修:ヨコオタロウで完全ノベライズ化。“呪い”と“罰”のはじまりを綴った朗読劇作品「ヨルハ計画」から、舞台では語られなかったヨルハM部隊結成に至るまでの物語を含む、自動歩兵人形・ヨルハの定められた運命を辿る――。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
スクウェア・エニックス
掲載誌・レーベル
GAME NOVELS
シリーズ
NieR:Automataシリーズ
電子版発売日
2018年08月08日
サイズ(目安)
5MB

関連タグ:

小説NieR:Automata(ニーアオートマタ) 少年ヨルハ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2022年03月12日

    ゲーム、ニーアオートマタの前日譚。

    ゲーム中に登場するヨルハ部隊で使用されている女型とは異なる、男性モデルのデータ収集を極秘に行うことを目的として実験モデルとして誕生した男性モデルのみで編成された部隊の話。

    何度も任務に挑んでは生きては帰ってこれない彼ら。そのたびに任務前にバックアップしてあった...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2021年10月09日

    NieRだからハッピーエンドは期待してなかったけれども、やっぱりですかーという気持ちと、最後もう少し情報プリーズと思った部分はどこか別の話で出てきたのかな、というのが気になりつつ、気づけば読み終わってしまった。もっと色々関連話あったら読みたいけど、Nierだからへこみそう。

    0

    Posted by ブクログ 2018年11月28日

    舞台『少年ヨルハ』を見た上で購入したが、買って良かった。
    いろいろなキャラの視点から物語がつぶさに描かれており、舞台では受取りきれなかった細部まで補足されていた。

    また、『人形達ノ記憶』で触れられた某エピソード(これもちょうど現地で見たものだったし、台本も読んでいたのだが、小説としての描写が加わっ...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2020年12月21日

    原作となるゲーム『NieR:Automata』のノベライズ、第3巻の“少年ヨルハ”です。
    ゲームの前日譚となる舞台『少年ヨルハ』を小説化した、原作の世界観が広がる一冊でした。
    女性型が多いヨルハ部隊ですが、男性型のみのヨルハM部隊が新設されます。
    健気な少年兵といったメンバー構成ですが、ブラック教官...続きを読む

    0
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2023年01月08日

    舞台は観てませんが…観れる気がしない泣

    「すべての存在は、滅びるようにデザインされている」
    つまりそういうこと。

    0
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年01月15日

    舞台未鑑賞のため、ニーアオートマタの世界の一つ、前日譚、ということで知識として割り切って購入。

    文章はライトノベルという感じで、主に心理描写が多く、人物の主観以外の視点はあまり描かれていない(風景、機械生命体の詳しい描写など)
    が、『ゲームの前日譚』の情報、知識、ということであれば、新しい種類のも...続きを読む

    0

小説NieR:Automata(ニーアオートマタ) 少年ヨルハ の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

GAME NOVELS の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング