消えた姫君 身代わり若殿 葉月定光6

消えた姫君 身代わり若殿 葉月定光6

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

旗本若殿・葉月定光として川賊退治に活躍する村上虎丸。だが定光の正体を疑う大老格・柳沢吉保は、ある罠を仕掛ける。一方、定光の妻・月姫は父から婚姻破棄を命じられ、実家に閉じ込められてしまう――。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2020年09月24日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
2MB

消えた姫君 身代わり若殿 葉月定光6 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月04日

    内容(「BOOK」データベースより)
    早逝した葉月家当主の身代わりとして奮闘する村上虎丸。だが大老格の柳沢吉保、舅の松平筑前守近寛から正体を疑われつつあった。そうとは知らず実家に帰省した月姫は、父・筑前守と母・お圀から、葉月家に戻ることを禁じられてしまう。悲しみに暮れる月姫。妻を騙し続けるより離縁す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

身代わり若殿 のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 身代わり若殿 葉月定光
    海賊剣術の遣い手が、旗本の病弱若殿の身代わりに!? 広島藩の村上家(村上海賊の末裔)でたくましく育てられた村上虎丸は、 江戸に牡蠣を献上に行った折、旗本・葉月家の用人、坂田五郎兵衛に目をつけられる。 なぜなら、葉月家の若殿・ 葉月定光と虎丸は、瓜二つだったのだ! ある日、病弱だった葉月家の若殿が急逝してしまう。 跡継ぎもおらず、このままだと御家取り潰しの危険もある。 用人・坂田五郎兵衛は、以前見た若殿と瓜二つの若者を探し出しに、代わりに当主になってもらおうと広島藩主へ頼み込むのだった。     若殿の代わりに、葉月定光として生きることを引き受けた虎丸。 だが、色白で病弱だった若殿に似せるため、日焼けが取れて痩せるまでは外出禁止。 江戸の葉月家の屋敷の一室から出られない。 動きたくて仕方がない虎丸は、屋敷を抜け出し、身分を隠して市井の事件を得意の剣術を駆使して解決するようになり――。
  • 覚悟の登城 身代わり若殿 葉月定光2
    直参旗本の若殿・葉月定光の替え玉となった広島藩士・村上虎丸。身分を隠し、芸州虎丸と名を偽って江戸の川で悪事を働く"川賊"を退治した結果、公儀は川賊取締りを命じるために虎丸を探し始めてしまい……
  • 寝所の刃光 身代わり若殿 葉月定光3
    虎丸、暗殺の危機! 刺客は一体何者なのか。そして、隠された“葉月家の過去”とは――?  将軍にも妻にも家来にも秘密で悪を切る、痛快時代小説! 急逝した旗本の若殿・葉月定光の替え玉となった広島藩士・村上虎丸。 凶悪な川賊一味を捕らえたことで、、江戸の川を守る「川賊改役控え」を拝命、千石を加増された。 早速、早船造りと家来探しを始めるものの難航し、なぜか葉月家の悪い噂まで流れる始末。 そんな折、虎丸は悪徳商人の積荷を奪う義賊の川賊が現れたと耳にする。 なんとかせねばと屋敷を抜け出し奔走する虎丸。 だがある日、虎丸の眠る寝所に何者かが忍び込み――。 緊迫のシリーズ第3弾!
  • しつこい男 身代わり若殿 葉月定光4
    急逝した旗本の若殿・葉月定光の替え玉となった、広島藩士の村上虎丸。石見から運ばれる銀が凶悪な川賊「鬼雅」に狙われているとの報せを受け討伐に乗り出そうとするが、虎丸は急なめまいに襲われて――。
  • 疑う眼差し 身代わり若殿 葉月定光5
    急逝した旗本若殿・葉月定光の替え玉となった村上虎丸に暗殺の危機が。葉月家と懇意の札差・双井屋の居候に扮して身を隠した虎丸。家老の竹内らは暗殺者を見つけ出そうとするが、幕府から再び登城の命が……
  • 消えた姫君 身代わり若殿 葉月定光6
    旗本若殿・葉月定光として川賊退治に活躍する村上虎丸。だが定光の正体を疑う大老格・柳沢吉保は、ある罠を仕掛ける。一方、定光の妻・月姫は父から婚姻破棄を命じられ、実家に閉じ込められてしまう――。
  • 再興への道 身代わり若殿 葉月定光7
    柳沢吉保と、葉月家に恨みのある五色四郎は、定光の正体が村上虎丸であるという事実に迫りつつあった。虎丸の故郷近く、尾道にも怪しい影が。さらに月姫にも、身代わりを知られてしまい……。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング