狐のちょうちん 公家武者信平ことはじめ(一)
  • 値引き

狐のちょうちん 公家武者信平ことはじめ(一)

作者名 :
値引き価格 407円 (370円+税) 1月31日まで
通常価格 814円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

原点にして最新。
今の私が紡ぐ「公家武者のはじまり」です。
佐々木裕一

―――

若き公家武者の物語が
大幅加筆し新登場!

―――

十五歳の公家・信平は仏門に入ることを嫌い、
将軍・家光の正室である姉の孝子を頼って江戸に出た。

五十石の貧乏旗本暮らしを始めた信平は、
清き心と秘剣の腕で、江戸を大きく揺り動かしていく。

公家から名門・鷹司松平家を立ち上げた実在の傑人を描く大人気シリーズ、
その始まりの物語が大幅に加筆し登場!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2020年10月15日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
1MB

狐のちょうちん 公家武者信平ことはじめ(一) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

公家武者信平ことはじめ のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 狐のちょうちん 公家武者信平ことはじめ(一)
    値引き
    原点にして最新。 今の私が紡ぐ「公家武者のはじまり」です。 佐々木裕一 ――― 若き公家武者の物語が 大幅加筆し新登場! ――― 十五歳の公家・信平は仏門に入ることを嫌い、 将軍・家光の正室である姉の孝子を頼って江戸に出た。 五十石の貧乏旗本暮らしを始めた信平は、 清き心と秘剣の腕で、江戸を大きく揺り動かしていく。 公家から名門・鷹司松平家を立ち上げた実在の傑人を描く大人気シリーズ、 その始まりの物語が大幅に加筆し登場!
  • 姫のため息 公家武者信平ことはじめ(二)
    値引き
    公家武者信平の最初の物語、第二弾! 結婚はしたもののまだともには暮らせない信平、そんななか江戸は由比正雪の乱の残り火がくすぶっていた――!
  • 四谷の弁慶 公家武者信平ことはじめ(三)
    値引き
    江戸を陰から守るは――公家武者なり! これぞ江戸活劇! 実在した公家武者が、将軍に見込まれ秘剣を振るう大人気時代小説! ☆☆☆ 時の将軍・家綱より拝領した刀を奪われる四谷の弁慶事件が頻発。 信平は三千石旗本の大隈家を助けるため、刀を取り戻そうと動き出す。 離れて暮らす妻の松姫を江戸の屋敷に迎えるためにも、 名刀・狐丸を腰に差し神出鬼没の男を追う(「四谷の弁慶」)。 実在した公家武者が江戸を守る時代小説、始まりの物語第三弾!
  • 暴れ公卿 公家武者信平ことはじめ(四)
    公家の高貴と武家の正義 ともに備えて世を正す―― 累計100万部突破! 真摯でひかえめ、 しかして江戸の騒乱は秘剣で解決。 大人気時代小説シリーズ、とくと見よ! ☆☆☆ 京都所司代を歴任した傑士、襲撃さる。 賊は狩衣を着ていたそうだ。 公儀に取り調べを受ける信平は、 修行時代に出会った板倉に疑いを晴らしてもらう。 だが新たに嫌疑を向けられたのは、死罪となったはずの浪人だった。 秘剣誕生の過去に迫る江戸騒動(「暴れ公卿」)。 実在の公家武者の立身譚、始まりの物語第四弾!
  • 千石の夢 公家武者信平ことはじめ(五)
    大ヒット時代小説シリーズ、始まりの物語第5弾! 千石の石高に達さなれば松姫とともに暮らせない信平。 若き思いと立身栄達がまじりあい、さらなる物語へと結実する!
  • 妖し火 公家武者信平ことはじめ(六)
    江戸に大火あり。 災いに理由あり。 解き明かすは 京より来たりし公家武者なり。 ☆☆☆ 累計130万部突破! 大人気時代小説シリーズ ☆☆☆ 江戸城天守閣、焼失。 信平は赤坂御門内に拝領したばかりの屋敷を失い、 妻・松姫は城下の惨状に心を痛めて寝込んでしまう。 荒れる城下を鎮めるため、将軍家綱に金千両を与えられた信平は、 その金子を焼け出された民に使うよう伝える(「妖し火」)。 実在した公家武者の爽快無比な立身譚、始まりの物語第六弾!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング