卵をめぐる祖父の戦争

卵をめぐる祖父の戦争

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「ナイフの使い手だった私の祖父は十八歳になるまえにドイツ人をふたり殺している」作家のデイヴィッドは、祖父のレフが戦時下に体験した冒険を取材していた。ときは一九四二年、十七歳の祖父はナチス包囲下のレニングラードに暮らしていた。軍の大佐の娘の結婚式のために卵の調達を命令された彼は、饒舌な青年兵コーリャを相棒に探索に従事することに。だが、この飢餓の最中、一体どこに卵なんて?――戦争の愚かさと、逆境に抗ってたくましく生きる若者たちの友情と冒険を描く、歴史エンターテインメントの傑作

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫NV
ページ数
480ページ
電子版発売日
2018年06月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

卵をめぐる祖父の戦争 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月07日

    とても面白かった。
    痛快でいながら、戦争の悲惨さと意味のなさをよく伝えている。
    卵をめぐる冒険の仲間がどうでも良いようなことでなくなったときは
    悲しくて本当に残念だった。
    冒険の道中で出会った人々、
    その後も主人公のように生き抜いてほしいと願わずにいられない
    (ほど一人ひとりをユーモアと愛情をこめて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月07日

    レニングラード包囲戦という凄惨な戦争が舞台の小説。
    ユーモアに溢れるコーリャと、彼に振り回されるレフとの掛け合いに笑いつつも、戦乱による悲惨な情景描写に圧倒された。

    何よりも、作者のバランス感覚が素晴らしい。
    ユーモアの明るさと戦争の暗さを絶妙な塩梅で配分し、展開に飽きさせない構成。
    最後、読み終...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月16日

    良いとは聞きながら何となく読んでなかったのよね。たまたま古本で見かけたのでこれも何かの縁かと思って。
    岩波新書の「独ソ戦」読んだ直後に読むと何というか同じ時代、同じ場所をテーマにしてるのに視点の縮み方がスゴい。
    まぁ「900日包囲されたが、陥落することなく解放された」って一文の裏にはいろんなことがあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月08日

    まるで凸凹コンビの卵をめぐる戦争の話。辛いこと苦しいこと、残酷な描写は当然あるけれど、友情や恋、そして全体を包むユーモアが決して悲壮なものにしていない。戦争の愚かさをやさしく訴え読後感はさわやかでもある。多くの人に読んで欲しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月04日

    本の雑誌オススメの中から。なるほど、卵をめぐる戦争ってそういうことでしたか。内容的には結構シリアスな戦争描写がいっぱい出てくるけど、タイトルからもうかがえるように、のどかな(に感じられる、か)言動も頻出する。ただ、茶化して誤魔化している訳じゃなく、物語を通じて訴えかけてくるのはあくまで、愚かな戦争に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月08日

    "That's four dozen now"
    あるとこにはあるねんなぁ この脱力感… "或る「小倉日記」伝" の読後感とかぶった

    ”No wonder your hand's on my ass?”
    いや、この訳し方…ウ、ウマイ  うん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月24日

    1942年、第二次世界大戦中のソ連、レニングラード。900日間にわたってナチスドイツに包囲され、市内は爆撃と飢餓のために悲惨きわまりない状況にありました。そんなレニングラードを生きた祖父に、映画の脚本家である男が話を聴くという形で物語は始まり、以降は祖父レフの「わし」という一人称で語られます。

    1...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月01日

    コーリャにアル中の友達の幻影を見た。幻影は年月と共に美しくハッキリと違う形で、俺の中の本物になるのだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月13日

     ナチスによる包囲網が敷かれたロシアのレニングラードを舞台に、卵の調達を命令された二人の青年兵の姿を描いた小説。

     戦争ものは本では横山秀夫さんの『出口のない海』や吉村昭さんの作品、他にも映画やドラマなどいろいろ触れてきましたが、その中でもこの作品はかなりの異色作です。

     青年兵レフの相棒となる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月15日

     俗っぽいけど敢えて言いたい。
     
     「やべえ、ちょー、おもしれえ!」

     出来ることなら、文字のサイズを倍にしたいくらい面白かった。

     以下、ブクレポ。
     
     主人公のレフはある日、落下傘で空から落ちてきたドイツ兵の死体を発見し、死体からナイフを盗んだことから、窃盗の罪で投獄される。そして時...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています