転生しまして、現在は侍女でございます。 1

転生しまして、現在は侍女でございます。 1

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

ザ・モブキャラとして、乙女ゲームのストーリー開始“前”の世界に転生したユリア。侍女としてお仕えするのは、なんとゲームで悪役令嬢になって登場する王女さまだった!?
「こんな可愛い姫さまを悪役令嬢なんかにさせてたまるもんか!」
 そう決意したユリアは『OLだった前世の知識』と『自分だけが使える生活魔法』を駆使し、自分の恋愛そっちのけで王女さまを導いていく! デキる侍女の噂はどんどん広まり、スイーツ開発、特産品作り、はたまた国同士のいざこざまで舞い込んできて――!?
 天職にめぐりあった有能侍女の、おしごとファンタジーが今始まる!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / アリアンローズ
出版社
アリアンローズ
掲載誌・レーベル
アリアンローズ
シリーズ
転生しまして、現在は侍女でございます。シリーズ
電子版発売日
2018年06月12日
紙の本の発売
2018年03月
サイズ(目安)
8MB

転生しまして、現在は侍女でございます。 1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    愛情あふれる主人公

    t.s_0414_firm_love 2019年08月23日

    仲良くなった側室の娘(乙女ゲームの中では悪役姫となる王女)に愛おしさを感じ、こんな可愛い天使を悪役になんてさせるもんですか!
    と侍女(じじょ)に転生した主人公ユリアが王女の為に奮闘する物語。

    1巻は前世での乙女ゲームの時系列より前の話メインであり、且つ乙女ゲーム要素は薄い文章(単純に王女への...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    侍女のユリア、(・∀・)イイネ

    まろん 2021年06月24日

    子爵令嬢ながら、11歳から王の側妃に見習い侍女として仕えるユリア。
    15歳のときに、産まれたての王女プリメアを遺して亡くなった側妃に代わり、母親代わりに侍女として仕えている。
    そんなユリアはもう21歳。周囲に素敵な男性がいるんだけど、王女様一筋。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    仕事一途な主人公好き

    フク 2020年12月09日

    仕事一途な真面目なヒロイン好みです。様子もだいぶ地味めですが、アルダールはめっちゃイケメンなので、夢を見させてくれます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月10日

    思ったよりも楽しかったです。
    乙女ゲーム開始以前の時系列にモブとして転生したユリア。
    悪役令嬢となるプリメラ王女様を出産前から見守り、侍女として素敵王女に育てる。

    そんな中、王女に攻略対象との婚約が整いそうになり、その異母兄とユリアの間にも何やら…。

    1巻はゲーム開始前でヒロインも登場前。今後の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月09日

    ユリア・フォン・ファンディッド。
    ひっつめ髪に分厚い眼鏡、地味な侍女服にほっとする。そんな不愛想な王女専属の侍女。21歳。
    彼女には前世の記憶があり、この世界は前世のゲームの世界に似ているということ。とはいえ、ユリアはメインキャラとはまったく関係ない人物で。
    たまたまゲームのヒロインのライバルキャラ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

転生しまして、現在は侍女でございます。 のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 転生しまして、現在は侍女でございます。 1
    ザ・モブキャラとして、乙女ゲームのストーリー開始“前”の世界に転生したユリア。侍女としてお仕えするのは、なんとゲームで悪役令嬢になって登場する王女さまだった!? 「こんな可愛い姫さまを悪役令嬢なんかにさせてたまるもんか!」  そう決意したユリアは『OLだった前世の知識』と『自分だけが使える生活魔法』を駆使し、自分の恋愛そっちのけで王女さまを導いていく! デキる侍女の噂はどんどん広まり、スイーツ開発、特産品作り、はたまた国同士のいざこざまで舞い込んできて――!?  天職にめぐりあった有能侍女の、おしごとファンタジーが今始まる!
  • 転生しまして、現在は侍女でございます。 2
    乙女ゲームのストーリー開始“前”の世界に転生し、侍女として働くユリア。季節は秋に移り、刻一刻と近づく“ゲームの開始”。そんな中でも変わらず、王女さまとおしごとにしか興味のないユリアは、王宮で行われるお茶会『園遊会』の準備を進めていた。人員不足を嘆くものの、よりにもよって侍女内の問題児スカーレットを押し付けられて――。 (……あれ? この子案外ちょろいかも!?)  ツンデレ侍女の育成だってなんのその! 園遊会だって成功に導いてみせましょう!  恋愛以外は何でもござれの有能侍女のおしごとファンタジー第二弾、開幕!
  • 【電子限定版】転生しまして、現在は侍女でございます。 3
    【限定配布されたショートストーリーが付いた電子限定版♪】 乙女ゲームのストーリー開始“前”の世界に転生し、侍女として働くユリア。園遊会で負傷したユリアは、療養のため休暇をとるように言われてしまう。仕事を取り上げられてしまい落ち着かない気持ちで過ごしていると、そこに意中の人が訪ねてきて!? (うわあ、イケメンが跪いた! ナニコレすごいシチュエーション!?)  季節は冬だが、鉄壁侍女には春が来る!?  そしてついにゲームの時間軸に突入。だけどユリアがこの世界に与えた影響は、大きいようで――。有能侍女のおしごとファンタジー第三弾、開幕!
  • 【電子限定版】転生しまして、現在は侍女でございます。 4
    【限定配布されたショートストーリーが付いた電子限定版♪】乙女ゲームのストーリー開始“前”の世界に転生し、侍女として働くユリア。ゲームのヒロインも現れて、ついにゲームの時間軸に突入。太った悪役令嬢になるはずだった王女さまはユリアの影響で天使のように成長を遂げている。そんな王女さまとゲームヒロインの二人が対面! (ゲームではこんな展開なかったんですけどっ!?)  そして、ヒロインが“攻略対象”としたのは、自身の恋人アルダールらしいと気づいたユリア。モブキャラである自分とヒロインを比較して凹むものの、周囲からの評価はどうやら逆みたいで?  アルダールとの恋愛面でも大忙し!! 有能侍女のおしごとファンタジー、波乱の第四弾、開幕!
  • 【電子限定版】転生しまして、現在は侍女でございます。 5
    乙女ゲームのストーリー開始“前”の世界に転生し、侍女として働くユリア。お祭りで賑わう城下町で、ユリアはアルダールとの誕生日デートを満喫していた。脳筋公子との遭遇など、多少のトラブルに見舞われつつ、ふいに二人の距離が近づいた瞬間、ユリアは自分からアルダールにキスしてしまって――? (ええーどうした私!? どうしよう私……!!) そして二人の恋愛は新たな局面を迎える!? ドキドキの事件から一息つく間もなく、今度はユリアの実家の問題に向き合うことになってしまう! 有能侍女のおしごとファンタジー第五弾、開幕!
  • 【電子限定版】転生しまして、現在は侍女でございます。 6
    乙女ゲームのストーリー開始"前"の世界に転生し、侍女として働くユリア。家族での話し合いが一段落したのも束の間、ついに義母方の親戚であるパーバス伯爵がやってくる! 伯爵の意図がわからず、腹の探り合いをしながら進んでいく不穏なお茶会……。さらに、伯爵の来訪だけでも気の休まらないユリアのもとに、新たな客人が嵐を運んできて――!? (なんだかとっても王城に戻りたい……) 実家でのトラブルが一段落してからも、休暇を楽しむ間もなく今度はミュリエッタ絡みの問題が舞い込んでくる!! 有能侍女のおしごとファンタジー第六弾、開幕!
  • 【電子限定版】転生しまして、現在は侍女でございます。 7
    乙女ゲームのストーリー開始“前”の世界に転生し、侍女として働くユリア。王太子主催の狐狩りに参加することになり、ユリアは大好きなプリメラと楽しくピクニックができると期待を募らせる。しかし、そんな淡い期待も虚しく、“特別ゲスト”として英雄のウィナー男爵が招待されていることを知り、腹黒い思惑が絡んでいることを実感する――。 (まさかとは思いますが、ミュリエッタさんも狐狩りに来るのでしょうか??)  さらに辺境へ旅立つエーレンからの依頼で、ミュリエッタと一緒にお茶会をすることになってしまう! 有能侍女のおしごとファンタジー第七弾、開幕!

転生しまして、現在は侍女でございます。 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

転生しまして、現在は侍女でございます。 に関連する特集・キャンペーン