監督不行届

監督不行届

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

人気漫画家・安野モヨコと夫・庵野秀明のデイープな日常が赤裸々につづられた爆笑異色作! アニメ界と漫画界のビッグカップルが、こんなにもおかしく愛おしいオタク生活を送っているなんて…! 世界中に生息するオタク君はもちろん、オタ嫁(オタク夫を持つ妻)も共感すること間違いなしの衝撃作!!

ジャンル
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
FEEL YOUNG
ページ数
159ページ
電子版発売日
2011年03月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
34MB

新刊オート購入

監督不行届 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年01月10日

    シン・ゴジラの影響で購入

    これ読むまでは庵野さんて気難しくて偏屈な
    イメージが先行してたけど、妻・モヨコ女史
    (美人画報大好きです)の目線から見るとこんなにも
    可愛らしいお人だったとは…!
    (昔の庵野さんを知る人が言うには結婚を機に
    少しずつ丸くなったらしい)

    巻末の庵野さんのインタビューが嫁さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    とても素敵な夫婦の漫画です

    しんごじら 2016年09月13日

    シンゴジラを見て、庵野監督(カントクくん)に興味が出て、購入。
    期待を激しく上回る、素敵な漫画でした。
    カントクくんとロンパース(モヨコ)が、お互いを大切にしあう様子が、とても愛らしく描かれています。
    とても素敵な夫婦の漫画です。
    安野モヨコ作品で一番好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月16日

    モヨコさんの言ってることが分かりすぎて辛い。私の相方もタクなので、こんなところで庵野秀明監督と共通点みつけると思わなかった。安心して読める面白いエッセイ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月21日

    「これは私たちのこと?」とびっくりするくらい、オタクカップルやオタク夫婦には共感するところが多い。
    特に、アニメ監督ではなく何かしら創作している彼(彼女)がいる人には共感できると思う。ちなみに我が家も擬音が多いし、仮面ライダー系のおもちゃがあって、私が邪魔だな・・・と思っている。
    エヴァを見て「この...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月31日

    漫画家の安野モヨコと
    エヴァの監督の庵野秀明の結婚生活を
    ヨメ自らが描いた漫画。

    とにかく
    カントクが乙女なんです!

    とにかく
    ヨメがつくすんです!

    とにかく
    ふたりともオタクなんです!

    とにかくとにかく
    ふたりが仲良しなんです!



    毎日読んでもまったく飽きない
    ほんわか幸せな漫画。
    2...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月22日

    安野モヨコさんが夫の庵野秀明さんとの日々について描いた漫画。うん、確かにこの漫画には、モヨコさんの庵野秀明さんに対する愛情が猛烈に込もっている!!

    愛情って、「イケメンだから」とか「お金持ってるから」好きになる、ことじゃないんだよねきっと。相手のダメな部分を見て可愛いなぁと思えたり、気づいたらそん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月17日

    アニメ、特撮監督の庵野秀明氏と、漫画家の安野モヨコ氏の結婚生活をコミカルに描いた漫画。だんだんオタクに染まる奥さんと、一般人に近づいていく旦那さんの対比が面白い。
    どう考えてもその発想は出ないだろというシーンがいくつもあり笑ってしまった。ある程度脚色はあるとは書かれているが、印字じゃない台詞は脚色な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月02日

    働きマン以来の安野作品。絵の感じが全く違ってて、器用な作家さんなんだな、ってことを思い知ったくらい。内容的には何てことのないエッセイでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月30日

    安野先生の恐るべき慧眼はいいとして。
     うーん、「招待したレストランで敬愛する人とすれ違ったので感謝する旦那」が、客観的に 自身を込で描かれる。うーん。
     カントクくんが着替へをしだすのが、旦那の「一生かけてオタク教育を施す」のと対照的に、自身からの「一般人教育」をするのではなく、その辺のアレも「自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月10日

    昔、テレビみてたら庵野監督がイベントで舞台に登場。
    その姿に「すごい好みの人がすごい好みの作品を作ってた!」と驚きファンに。
    漫画家の安野モヨコさんと結婚したときはショックだったけど、「まあ、モヨコさんならいいか...」になった(笑)
    このエッセイ漫画はそのWアンノ夫妻の日常を面白おかしく綴ったもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

監督不行届 に関連する特集・キャンペーン