BABEL(1)

BABEL(1)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 607円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

あの「八犬伝」を石川優吾が大胆に描く!

あの歴史的伝奇小説「八犬伝」を石川優吾が大胆にアレンジ!
新しく、怪しく、艶やかに紡がれる新感覚時代絵巻!
里見家の伏姫と神の狗・八房の因縁により導かれし八人の若者たち。
壮大なスケールで描かれる運命の物語に刮目せよ!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスペリオール
電子版発売日
2018年05月30日
紙の本の発売
2018年05月
サイズ(目安)
44MB

新刊オート購入

BABEL(1) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年10月31日

    南総里見八犬伝。いわずと知れた滝沢馬琴の長編伝奇小説です。教科書にも載るぐらい。その古典を漫画化。
    初めて読んだ八犬伝は、近所の人からもらった、いくつかの古典を漫画化したやつだったなぁ。

    伏姫、八房、ヽ大、犬塚信乃。そして玉梓。1巻はプロローグ。八房が敵将食い殺し、伏姫の数珠が飛び散るまで。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

BABEL のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • BABEL(1)
    605円(税込)
    あの「八犬伝」を石川優吾が大胆に描く! あの歴史的伝奇小説「八犬伝」を石川優吾が大胆にアレンジ! 新しく、怪しく、艶やかに紡がれる新感覚時代絵巻! 里見家の伏姫と神の狗・八房の因縁により導かれし八人の若者たち。 壮大なスケールで描かれる運命の物語に刮目せよ!
  • BABEL(2)
    605円(税込)
    石川優吾が放つ新たなる八犬伝!! あの歴史的伝奇小説「八犬伝」を石川優吾が大胆にアレンジ! 里見義実が統治する里見領は、妖しい力を操る山下軍の前に風前の灯火だった。 その危機を脱するため、里見の伏姫は神の狗・八房と血の契約を結ぶが…
  • BABEL(3)
    605円(税込)
    石川優吾流、新八犬伝!光と闇の闘い! あの歴史的伝奇小説「八犬伝」を石川優吾が大胆にアレンジ! 里見家を守るため、伏姫は神の狗・八房と血の契約を結ぶ。その伏姫と不思議な縁を持つ犬塚信乃は、伏姫のため、怪しい力を持つ妖婦・玉梓と戦うことになる。強大な力になす術もない信乃。そんな時、光に包まれた宝珠の力が信乃に宿り、玉梓を退ける。そして宝珠の導きにより戦いの旅に出た信乃は、その旅...
  • BABEL(4)
    605円(税込)
    雄々しく蘇る“南総里見八犬伝”!! 運命に導かれし犬士達が覚醒する、大戦国絵巻――― 宝珠にうながされ戦いの旅に出た犬塚信乃は、室町幕府関東管領・扇谷が統べる城で、様々な者をむりやり闘技城で戦わせて見せ物にする修羅場へとひきたてられる。 そして里見の地で退けたはずの妖婦・玉梓(たまずさ)、剛の者・犬飼源八と相まみえることに。 心優しい源八は、光のもとに復し、信乃は共に、玉梓・扇谷へ...
  • BABEL(5)
    605円(税込)
    光る宝珠と共に犬士は“魔”に立ち向かう! 運命に導かれし犬士達が覚醒する、大戦国絵巻――― 薩摩・島津家の家臣・犬田家、その下男・小文吾は相撲が得意な気の優しい男。自らの心に語りかけてきた不思議な犬を助けたのが元で、島津から追われ屋久島に流れ着き、島民に助けられる。 島民は実は隠れキリシタン、小文吾の他にも、西欧から流れ着いた“宣教師”、そして琉球から逃れてきた王女をも匿っていた。 ...
  • BABEL(6)
    605円(税込)
    暗き巨魁、闇より出づる! 比叡山から遣わされた犬塚信乃と左母二郎。 南の地・薩摩に着くも そこは火の山からの灰の降る不気味な地。 捕まってしまった二人は、牢中で多くの男たちと、 繋がれた大男・小文吾と出会う。 翌日、牢から出された囚われの皆々。 なぜか城下町で縄をとかれ、「ひえもんとり」と 呼ばれる捕物で”追われる身”にさせられる。 城からは西洋の鎧に包まれた男が見下ろして…
  • BABEL(7)
    10/30入荷
    605円(税込)
    万策尽きたその時、王女は“それ”を呼ぶ! 舶来の邪教と闇の力に魅せられ、 西洋甲冑を身に纏って 薩摩を暗黒に支配する島津貴久。 犬塚信乃ら三人の犬士の刃は ハネ返されて、 魔将が放つ砲弾が城下に降り注いでいた。 万策尽きたその時、 琉球王国王女が現れて…

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています