■ピュリツァー賞を3度受賞した世界的ジャーナリストが放つ、全米大ベストセラー!

■「何かとてつもないこと」が起きている――社会のめまぐるしい変化を前に、多くの人がそう実感している。
だが、飛躍的な変化が不連続に高速で起きると、理解が追いつかず、現実に打ちのめされた気分にもなる。
何より私たちは、スマホ登場以来、ツイートしたり写真を撮ったりに忙しく、「考える」時間すら失っている。
そう、いまこそ「思考のための一時停止」が必要だ。

■「平均的で普通な」人生を送ることが難しくなった「今」という時代を、どう解釈したらいいのか?
変化によるダメージを最小限に抑え、革新的技術に対応するにはどうしたらいいのか?

■常識が崩壊する社会を生き延びるヒントを教えてくれる全米大ベストセラー。
ウォール・ストリート・ジャーナル紙が選んだ「いま読むべき」本。

ジャンル
出版社
日本経済新聞出版社
ページ数
440ページ
電子版発売日
2018年04月24日
紙の本の発売
2018年04月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

遅刻してくれて、ありがとう(下) 常識が通じない時代の生き方

Posted by ブクログ 2018年09月04日

しいて言えばテクノロジーの良い影響を描いた上巻に比べ、その負の側面を描いている印象。後半は著者の故郷であるミネソタの話になります。面白いし勉強になるけど、やや散漫な印象と言うのは言い過ぎ?

このレビューは参考になりましたか?

遅刻してくれて、ありがとう(上) 常識が通じない時代の生き方

Posted by ブクログ 2018年08月29日

題名に象徴されるように、テクノロジーの進歩により、常識が覆る様が描かれている。日本はまだ本書に描かれる状況まで至っていないように思いますが、近未来の姿とともに、自分がすごい時代を生きていることを実感。下巻も楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

遅刻してくれて、ありがとう(上) 常識が通じない時代の生き方

Posted by ブクログ 2018年07月30日

【高速回転のコーヒーカップの中心で】テクノロジー,市場,気候変動という3つの要素が著しく加速傾向を見せ,もはやかつての暮らしに戻ることのできない世界をどう生き抜くかを説いた作品。絶え間なき変化の必要性と根強いコミュニティの安定の重要性を軸として筆が進められています。著者は,『フラット化する世界』等の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

遅刻してくれて、ありがとう(上) 常識が通じない時代の生き方

Posted by ブクログ 2018年09月21日

トーマス・フリードマン氏には、フラット化する世界で胸を射抜かれてから、所謂ファンだ。ニューヨークタイムスのコラムも以来読んできた。本書は氏の集大成かつ真骨頂という内容。早過ぎる時代の変化を、楽観的な調子を貫き、科学技術へのリスペクトをふんだんな事例で織り込んで、全網羅的に展開している。刺激的だ。下巻...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

遅刻してくれて、ありがとう(上) 常識が通じない時代の生き方

Posted by ブクログ 2018年12月03日

パート1 熟考
・遅刻してくれてありがとう
パート2 加速
・2007年に一体何が起きたのか?
・ムーアの法則
・スーパーノバ
・市場
・母なる自然
パート3 イノベーティング
・とにかく速すぎる
・AIをIAに変える

著者は、トーマス・フリードマンで、代表作は『フラット化する世界』など。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

遅刻してくれて、ありがとう(上) 常識が通じない時代の生き方

Posted by ブクログ 2018年11月03日

今は誰でもキーボードを叩くだけで歴史を創れる
2007年は歴史の当たり年
ムーアの法則 王様とチェス盤と米の昔話と同じ
テクノロジーは自らを土台とする仕組み スピードが加速する
スーパーノバ
言語を統計的手法で学習する
電話番号は時代遅れになる
ビッグシフトは労働力である限り学び続けることを要求する...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

遅刻してくれて、ありがとう(下) 常識が通じない時代の生き方

Posted by ブクログ 2018年10月12日

上巻よりも劣る内容。躍動感は感じなかったが、それは米国の事を自分ごとで捉えられないからだろう。
しかし、フリードマン氏の楽観主義にはいつも勇気付けられる。
テネシー州ノックスビルを昨年訪れていた偶然を、フラット化する世界読書時に登場人物と仕事をしていた経験と重なり、また本書も印象に残る作品となった。

このレビューは参考になりましたか?

遅刻してくれて、ありがとう(下) 常識が通じない時代の生き方

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年08月04日

加速の時代に対する著者の答えはコミュニティの再生である。

クリントン曰く、「アメリカの良さで治せない、アメリカの悪いところは一つもない」そうだが、著者もまた楽観主義をベースに、各地でコミュニティが再生されることを信じるのだという。

上巻はともかく、下巻はちょっとセンチメンタルな議論に走りすぎのよ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

遅刻してくれて、ありがとう(上) 常識が通じない時代の生き方

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年08月04日

「フラット化する世界」のような名作を書いてしまうとやはり後が難しいのだろうか。悪くはないが良くもない、という感じ

ムーアの法則通りのコンピュータ速度の進化、著者が「スーパーノバ」と呼ぶインターネットやクラウドの時代。人間と社会はこれまでずっと、だいたいにおいて変化に着実に適応してきたが、テクノロジ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

遅刻してくれて、ありがとう(上) 常識が通じない時代の生き方

Posted by ブクログ 2018年07月20日

ビジネスフローも、自分のOSもアップデートしていく時代。
(にしても本のタイトルがオシャレだよな)

#遅刻してくれてありがとう #読書記録 #読書記録2018

このレビューは参考になりましたか?