■ピュリツァー賞を3度受賞した世界的ジャーナリストが放つ、全米大ベストセラー!

■「何かとてつもないこと」が起きている――社会のめまぐるしい変化を前に、多くの人がそう実感している。
だが、飛躍的な変化が不連続に高速で起きると、理解が追いつかず、現実に打ちのめされた気分にもなる。
何より私たちは、スマホ登場以来、ツイートしたり写真を撮ったりに忙しく、「考える」時間すら失っている。
そう、いまこそ「思考のための一時停止」が必要だ。

■「平均的で普通な」人生を送ることが難しくなった「今」という時代を、どう解釈したらいいのか?
変化によるダメージを最小限に抑え、革新的技術に対応するにはどうしたらいいのか?

■常識が崩壊する社会を生き延びるヒントを教えてくれる全米大ベストセラー。
ウォール・ストリート・ジャーナル紙が選んだ「いま読むべき」本。

ジャンル
出版社
日本経済新聞出版社
ページ数
440ページ
電子版発売日
2018年04月24日
紙の本の発売
2018年04月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

遅刻してくれて、ありがとう(上) 常識が通じない時代の生き方

Posted by ブクログ 2018年07月30日

【高速回転のコーヒーカップの中心で】テクノロジー,市場,気候変動という3つの要素が著しく加速傾向を見せ,もはやかつての暮らしに戻ることのできない世界をどう生き抜くかを説いた作品。絶え間なき変化の必要性と根強いコミュニティの安定の重要性を軸として筆が進められています。著者は,『フラット化する世界』等の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

遅刻してくれて、ありがとう(下) 常識が通じない時代の生き方

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年08月04日

加速の時代に対する著者の答えはコミュニティの再生である。

クリントン曰く、「アメリカの良さで治せない、アメリカの悪いところは一つもない」そうだが、著者もまた楽観主義をベースに、各地でコミュニティが再生されることを信じるのだという。

上巻はともかく、下巻はちょっとセンチメンタルな議論に走りすぎのよ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

遅刻してくれて、ありがとう(上) 常識が通じない時代の生き方

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年08月04日

「フラット化する世界」のような名作を書いてしまうとやはり後が難しいのだろうか。悪くはないが良くもない、という感じ

ムーアの法則通りのコンピュータ速度の進化、著者が「スーパーノバ」と呼ぶインターネットやクラウドの時代。人間と社会はこれまでずっと、だいたいにおいて変化に着実に適応してきたが、テクノロジ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

遅刻してくれて、ありがとう(上) 常識が通じない時代の生き方

Posted by ブクログ 2018年07月20日

ビジネスフローも、自分のOSもアップデートしていく時代。
(にしても本のタイトルがオシャレだよな)

#遅刻してくれてありがとう #読書記録 #読書記録2018

このレビューは参考になりましたか?

遅刻してくれて、ありがとう(上) 常識が通じない時代の生き方

Posted by ブクログ 2018年07月09日

題名だけみて、意味がわかりませんでしたが、「この忙しい世の中、相手の遅刻によってもたらされた時間は『考えるため』に有り難い時間である。
そんな意味が題名込められているようです。

中身は、今の言う世の中が、これまでにどう変わって来て、これからどう変わっていくのかについて実例を挙げて様々な視点で書か...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?