AIに心は宿るのか(インターナショナル新書)

AIに心は宿るのか(インターナショナル新書)

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 770円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

AIに執筆させた小説が、「星新一賞」の一次審査を通過したことで脚光を浴びた「きまぐれ人工知能プロジェクト 作家ですのよ」。同プロジェクトを主宰する著者は、「鉄腕アトムのような汎用AIの実現」を目標に掲げ、研究を続けてきた。独創的な物語を紡ぎ、絵を描き、プロ棋士を凌駕する知能すら獲得したAIが、アトムのように「心」を宿し、限りなく人に近い存在として社会へ進出する日は来るのだろうか? 研究の最前線から、AIと人間の未来を予見する。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社インターナショナル
ページ数
176ページ
電子版発売日
2018年04月27日
紙の本の発売
2018年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

AIに心は宿るのか(インターナショナル新書) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年04月03日

    AIの書いた小説が、公募文学賞の1次選考を通過―。
    この衝撃的なニュースが日本中を駆け巡ったのは、2016年3月のことでした。
    AIが、創造性の最たるものと言っても過言ではない小説を創作してしまったのです。
    それだけならまだしも、1次選考を通過したというのですから、タダゴトではありません。
    1次で落...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月05日

    子供を育てるのと同じように、体を持ったAIに経験を積ませてやると、
    人間と同じように心をもつと著者はいう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月22日

    著者が進めている人工知能で小説を書く研究から、チェス、将棋、囲碁などの人工知能を紹介しつつの論考。
    人工知能の意識については外からそう見えれば良いとの言及があが、ここを哲学的な問題に回帰させるのは今ひとつ承服しがたい。
    今のところゲームに勝利するなど結果のわかりやすいところでの人工知能の活用が現実的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています