15時17分、パリ行き

15時17分、パリ行き

作者名 :
通常価格 891円 (810円+税)
紙の本 [参考] 990円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

2015年8月21日、15時17分にアムステルダム駅を出発した高速列車はパリに向かっていた。だがその車内に、イスラム過激派の男が重武装して現われた。乗り合わせたアメリカ人の3人の若者は異変に気づき、即座に行動を起こす。彼らはいかにして500名超の乗客を救ったのか? 衝撃的な事件の全貌と、やがて英雄となる普通の若者の偶然に満ちた人生を語る傑作ノンフィクション。クリント・イーストウッド監督映画原作

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫NF
ページ数
432ページ
電子版発売日
2018年02月15日
紙の本の発売
2018年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

15時17分、パリ行き のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年09月20日

    数々の偶然が彼らをその列車に乗せ、そしてテロの阻止へと導いた。彼らの生い立ち、テロリストの制圧、そして事件後の彼らの姿を克明に描き出すノンフィクション。

    一躍ヒーローになってはしゃいだり、オバマ大統領と電話して舞い上がったりする3人が普通の若者感すごくてかわいく思えてくるし、何より「息子のためにパ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月28日

    フィクションのようなノンフィクションってほんとおもしろいよな、という感じで、一気に読み終えた。

    興味深いのはフランスとアメリカでの反応の違いか。フランスはとても共和的な反応を示し、アメリカはバットマン的な反応を示す。
    ストーリーはバットマン的で、ごく普通の人がある日突然といったベタにアメリカ的なの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月28日

    映画を先に見てしまってたので、読んでいてシーンが画像となって読めたのは良かったかな。ただ、映画ではほんの一瞬の出来事のようで、実際にも短い時間だったらしいけど、人間の記憶って曖昧なんだなと思いましたね。そして彼ら3人の小さいころからの繋がりや、テロにあった旅行での不思議な引き寄せ?偶然?何でもない日...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月15日

    今時の3人のアメリカ人の若者が、ヨーロッパ旅行で、無差別テロから乗客達を救った本人達による証言であり、ノンフィクション。

    3人の経歴の合間に織り込んだ、テロリストとの乱闘シーンは解りづらかったが、運命的なストーリーには、読み応えがある。

    英雄となった主人公達が、その後も続くテロに苦悩させられたり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

15時17分、パリ行き に関連する特集・キャンペーン