春風の軍師 居眠り同心影御用22

春風の軍師 居眠り同心影御用22

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

今孔明と噂の若き軍師、榛名一揆三千を率いて三万の討伐軍を翻弄!

元老中松平定信から直々に居眠り番源之助に影御用。軍師を注意深く見守れ!
一揆は終わったのではない。無用の血がまだまだ流れる。

北町奉行所の元筆頭同心で今は「居眠り番」の蔵間源之助は、数人の侍に襲われている男を助けた。男は、上州榛名で起きた三千人の一揆を指揮し四ヵ月にわたって三万の討伐軍を翻弄、和議に導いた若き軍師として、今江戸で話題の人であった。数日後、元老中で今は隠居の身の白河楽翁松平定信から直々に、影御用を賜った。話題の軍師を注意深く見守れというのである。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
二見書房
掲載誌・レーベル
二見時代小説文庫
シリーズ
居眠り同心影御用シリーズ
ページ数
304ページ
電子版発売日
2018年02月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

春風の軍師 居眠り同心影御用22 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年03月14日

    第二十二弾
    百姓一揆を支えた軍師が江戸で評判に、一気に加勢した藩士と藩側の武士も背後から切られる!
    盗人一味が一揆勢が立てこもる砦に隠したお金を巡り、三つ巴のどんでん返し

    このレビューは参考になりましたか?

春風の軍師 居眠り同心影御用 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

二見時代小説文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング