ひとりぼっちの異世界攻略 life.5 超越者と死神と自称最弱
  • 最新刊

ひとりぼっちの異世界攻略 life.5 超越者と死神と自称最弱

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

クラスごと異世界に召喚された“ぼっち”の高校生・遥。王女率いる近衛師団を偽迷宮の罠で撃破した遥は、王国との戦争開戦に備えてレベルアップを急ぐクラスメイトの教官役を引き受けた。クラスメイトが目指すはLv100――勇者が到達したという“超越者(オーバー)”の境地。しかしLv100の壁を超えるには過酷な条件をクリアする必要があり……!?
かくして戦争への準備は着実に進むが、王国も静観するばかりではない。遥のもとに王国が送り込んだのは“超越者(オーバー)”すら殺す伝説の人斬りで――!?
最強ぼっちの異世界攻略譚、第5巻!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / オーバーラップ文庫
出版社
オーバーラップ
掲載誌・レーベル
オーバーラップ文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2020年10月25日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
14MB

ひとりぼっちの異世界攻略 life.5 超越者と死神と自称最弱 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月08日

    そろそろピンク色。いろいろやばいゾーンに入り始めたか。
    1巻を読み始めたころに感じていたのとは違って
    主人公有能だねぇ。。。
    これでもとぼっちってありえなくね?

    このレビューは参考になりましたか?

ひとりぼっちの異世界攻略 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • ひとりぼっちの異世界攻略 life.1 チートスキルは売り切れだった
    高校生活を“ぼっち”で過ごす遥は、ある日突然クラスメイトとともに異世界へ召喚される。気づけば神様の前にいた遥は、チート能力が並ぶスキルリストから異世界で生きるために好きなスキルを選べることになった――と思いきや、スキル選びは早い者勝ち。チートスキルはクラスメイトに取り尽くされていて!? 売れ残りの微妙なスキルしか得られなかった遥は、『ぼっち』というスキルの効果でパーティーが組めず、...
  • ひとりぼっちの異世界攻略 life.2 最強迷宮皇もぼっちだった
    クラスごと異世界に召喚された“ぼっち”の高校生・遥。オムイの街でクラスメイトと再会を果たすも蔑ろにされたと感じた遥は、好感度を上げるアイテムがあるという迷宮へ向かう。 そして心配するクラスメイトの制止を聞かずに探索を進めた結果――遥は罠に掛かり、前人未踏の迷宮最下層へ落下してしまい!? 一刻も早く遥を救出しようとチート能力で迷宮を駆け抜けるクラスメイトたち。 一方の遥は迷宮最下層に眠...
  • ひとりぼっちの異世界攻略 life.3 泣く少女のための転移魔法
    「辺境の街に化け物のような男が現れた。その男の目的は何なのか?」 クラスごと異世界に召喚された“ぼっち”の高校生・遥(はるか)。 最果ての迷宮を制覇し、迷宮皇アンジェリカを『使役』した遥は、攻略した迷宮の戦利品で辺境の街・オムイを豊かに“改造”する日々を送っていた。 そんなある日、遥は気配を断ち尾行してくる怪しげな少女に気づく。 その少女の正体は遥を危険視する隣領の領主が差し向けた...
  • ひとりぼっちの異世界攻略 life.4 王女よ偽迷宮に散れ
    隣領・ナローギ領主の蛮行から密偵の少女を救い出した“ぼっち”の高校生・遥。辺境の街・オムイを発展させるアイテムを収集しようと、遥はクラスメイトを連れて迷宮を攻略し続けていたが、そんな折に出会ってしまう――アンジェリカに比肩し得る‟無敵”の迷宮王に。見た目は可愛いスライムなのに、チート能力持ちのクラスメイトが手も足も出ず……!? その裏でオムイと王国の対立が激化していた。資源を不当に要求...
  • ひとりぼっちの異世界攻略 life.5 超越者と死神と自称最弱
    クラスごと異世界に召喚された“ぼっち”の高校生・遥。王女率いる近衛師団を偽迷宮の罠で撃破した遥は、王国との戦争開戦に備えてレベルアップを急ぐクラスメイトの教官役を引き受けた。クラスメイトが目指すはLv100――勇者が到達したという“超越者(オーバー)”の境地。しかしLv100の壁を超えるには過酷な条件をクリアする必要があり……!? かくして戦争への準備は着実に進むが、王国も静観するばかりではない...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています