七星のスバル

七星のスバル

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
紙の本 [参考] 652円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

また、皆に会いたいよ。

 かつて、世界的人気のMMORPG《ユニオン》において、伝説となったパーティがあった。名を、スバル。小学生の幼なじみたちで結成されたそのパーティは、〈センス〉システムを中核に置く《ユニオン》において比類なき才能を発揮、瞬く間に勇名を馳せた。ところが、プレイヤーがゲーム中に息を引き取る事故が発生。この人死事件をきっかけに、《ユニオン》はサービスを終了してしまう。
 ……時は流れ、6年後。かつてスバルの中心として活躍した天羽陽翔(あもう・はると)は、ダメダメな高校生になっていた。性格はひねて、友達はおらず、何事にもやる気がない。だが、クラスメイトに巻き込まれる形でログインした新生《リユニオン》のなかで、陽翔は信じがたい“再会”を果たす。スバルの仲間であり、リアルの幼なじみだった少女、空閑旭姫(くが・あさひ)――6年前、ゲーム中に死んだはずの彼女が、そこにいた。
「きっと夏の病だ。それかシステムエラー。むしろバグ!」
「あははっ。もう陽翔ってばどうしたの。顰めっ面なんて似合わないよ?」
――伝説は再び動き出す。革新的青春バトルオンライン!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ガガガ文庫
ページ数
296ページ
電子版発売日
2015年08月28日
紙の本の発売
2015年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB
  • アニメ化

    「七星のスバル」

    2018年7月5日~ TBS系
    声の出演:高梨謙吾、大森日雅、鬼頭明里

書店員のおすすめ

やめてしまったMMOには、かつて死んだはずの仲間がいた。
ゲーム最強の一角に君臨していた「スバル」のメンバーは、ゲーム中の仲間の死をきっかけにバラバラになってしまった。時は流れ、高校生になった主人公の陽翔は、仕方なく入った後継ゲームの中で信じられない出会いをしてしまう。それが、旭姫。かつて死んだはずの仲間だった。

旭姫をゲームから救うため、助け合いながらかつての栄光を取り戻していく姿に心が惹かれるものがあります。また、作中で目が離せないのはその人間関係。仲間だったはずの「スバル」は6年も経ってしまったせいですれ違いが幾度となく発生します。ですが、それらもすべて人を想う心から。誰かのために動き、その誰かの意図通りに進んだとしても、それは他の人からすると邪魔なこと。立場も地位も違えばできなくなってしまうこともたくさんあります。そういった中で、昔は感じられなくても高校生になった今なら思うことがたくさんあり、彼らは戸惑いながらも前に向かって進んでいきます。それもすべては旭姫を救うため。物語の迫力ももちろんですが、陽翔たちの複雑な人間関係にも注目です。

七星のスバル のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年08月29日

    主人公がリユニオンに復帰するまでの流れを始め、全体的なストーリー展開は良く出来ているし、キャラクターも魅力的。次巻以降につなげる引きや伏線も気になるものばかりで、これからも期待できそう。
    ただ、後半で戦闘に巻き込まれるところだけは、このタイミングでやっちゃいけないんじゃないのかなと思ってしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月26日

    SAOとあの花のハイブリッド的作品。六年前、ひとりの少女の死とともに終わりを告げた一つのMMORPGと伝説のパーティ。それがアップデートされ、主人公がログインした時、亡くなったはずの幼馴染が目の前に現れる。果たして彼女はなんなのか?
    大体予想はつくけど、ラストの戦闘は胸が熱くなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月06日

    作者のデビュー作シリーズが好きだったのと、アキバブログに紹介されていたのとで期待を込めて作者買い。結果、私には合わなかった。

    まず設定が受け入れられない。リアルMMORPGが物語の舞台だけど、センスで全てが決まって、選ばれた者しかゲームに入れないってなにそれ。そんなゲーム、誰をターゲットにしてるの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年01月03日

    表紙が可愛いねぇ、ということで購入

    .hackとかあの花を彷彿とさせる
    前提としてセンスがないとプレイ出来ないって商業ゲームとしてどうなのよ
    とか主要キャラ以外皆ヒャッハーなのはどうなのよ
    ゲームで指輪交換かあ…うん…

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    2016年06月02日

    色々とコテコテですね。

    「あの花」のキャラ設定をそのままファンタジーに移植したような感じ。

    主人公の「仲間がピンチの時に強くなる」補整も、80年90年代の少年アニメの様なよくある展開、しかも急に強くなり過ぎ。

    色々ある無理な所を強引に王道風にしていると思えてしまう。

    要所ネー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

七星のスバル のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • 七星のスバル
    649円(税込)
    また、皆に会いたいよ。  かつて、世界的人気のMMORPG《ユニオン》において、伝説となったパーティがあった。名を、スバル。小学生の幼なじみたちで結成されたそのパーティは、〈センス〉システムを中核に置く《ユニオン》において比類なき才能を発揮、瞬く間に勇名を馳せた。ところが、プレイヤーがゲーム中に息を引き取る事故が発生。この人死事件をきっかけに、《ユニオン》はサービスを終了してしま...
  • 七星のスバル2
    649円(税込)
    「旭姫が、いなければよかったのに」。  〈無垢なる闇〉を打ち倒し、不完全ながら復活を遂げた陽翔と“スバル”。その報は《リユニオン》を駆け巡り、ついに2つの超位ギルド、“ブリルソシエティ”と“サザンクロス”が動き出す。それを知った貴法率いる“イルミナティ”も行動を開始し、三大ギルドと“スバル”、四つの勢力が互いに牽制しあう構図が出来上がりつつあった。  一方、現実に戻っても旭姫ばかりを...
  • 七星のスバル3
    649円(税込)
    “あの日”の真実が、ついに明かされる―! 超位ギルド“ディバイン”を撃退し、ますます名声を轟かせる“スバル”一行。陽翔のセンスに耐えうる武器を求め、魔の海域に船を出すのだが……そこで待っていたのは、かつての仲間、変幻使いのクライヴだった。しかし再会を喜ぶ間もなく、彼は姿を消してしまう。 一方、貴法は調査の結果、旭姫の情報を拡散した黒幕の名に辿り着く。 ――超位ギルド“グノーシス”。 すべて...
  • 七星のスバル4
    649円(税込)
    夢の終わり、恋の始まり。 クライヴも合流し、少しずつかつての形を取り戻してきたスバル一行。 お金稼ぎも兼ねて、夏の一大イベント“フェスティバル”に参加することに。競竜、闘技場、射的、パレード参加……。エリシアも巻きこんで、つかの間の平穏を楽しむ。 一方、旭姫の願いである「スバル復活」を果たすため、リアルでは陽翔と咲月が希の家を訪れる。 再会した彼女は、陽翔たちの知る希とはまるで別...
  • 七星のスバル5
    649円(税込)
    夢幻に奏でるは、愛憎のラプソディ。 ダンスパーティーから一夜が明け。 現実では、希が失踪し大騒ぎになっていた。 彼女のログをたどってリユニオン上空を捜索するうち、陽翔たちは空に浮く巨大な建造物――“夢の城”を発見する。 こんな常識外れの夢境センスの使い手は、希をおいて他にいない。 だが、希を捜すスバル一行の前に現れたのは、グノーシスの使徒たちだった。 「消えなさい、スバルの星々。夢...
  • 七星のスバル6
    649円(税込)
    もう一度、仲間になろう。 グノーシスによって連れ去られた旭姫。 セトの圧倒的な力の前に為す術なく、陽翔たちは失意の底にしずむ。 バラバラになりかけた“スバル”をつないだのは、希の決意の言葉だった。 そして語られるエリシアの来歴……。陽翔たちはついに立ち上がる。 それぞれの思いを胸に、彼らは一度現実へ戻る。 次、この世界に戻るとき、全てに決着をつける。そう自らに言い聞かせながら。 一...
  • 七星のスバル0
    671円(税込)
    アニメ放送直前! 待望の第7弾! ――センス。 それは、巨大企業プレーローマ・インダストリーの研究によって明らかにされた、人が生まれつき持つ潜在能力。 その開花は、人類に革新をもたらした。人は“まるでゲームのような”超常現象をその身で起こせるようになったのだ。 センスの有無、力の強弱によって、人は明確に区分された。 センスによる管理――人の統治が、始まったのである。 そんな時代に、“...
  • 七星のスバル7
    649円(税込)
    TVアニメ放送中の大人気作、ここに完結! 「“スバル”はここに、約束しよう――」 カインを打倒し、七つ目の星を取り戻したスバル。 旭姫を救いだすため、ついにグノーシスの本拠“狭間”に突入する。 立ちはだかるは、心奏の怪物、ナハシュ。そして、グノーシスの首魁、セト。 いまだ底を見せぬセトのセンスと、七星剣の封印の力が真っ向から衝突する。 そんな死闘のさなか、旭姫が目を覚まし……? 過...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています