鼻に挟み撃ち

鼻に挟み撃ち

作者名 :
通常価格 496円 (税込)
紙の本 [参考] 540円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

御茶ノ水、聖橋のたもとで演説をする奇妙な男。ゴーゴリの「鼻」と後藤明生の「挟み撃ち」について熱く語るその男は、大声を出すには相応しくないマスクをしている。そしてまた道行く人々もみな同様に。なぜ誰もが顔を隠しているのか、男の演説の意図は何なのか。支離滅裂に思える内容に耳を傾けるうち、次第に現実が歪み始め――。政治小説の再来を目指した表題作の他三篇を含む幻惑小説集。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
184ページ
電子版発売日
2018年01月12日
紙の本の発売
2017年11月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年12月14日

私には何が面白いのかを説明することはできない。それでも、とても面白く、(分量か少ないこともあるが)あっという間に読み終わった。

文体は、基本的には一人称。ただ、読んでいる途中で、いつのまにか語り手が変わっている。それでもなぜか違和感なくどんどん読める。

内容は不条理。カフカやカミュみたいには不安...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月19日

初読み作家さん。
文通相手と文通読書会しようと持ち掛け、その第一冊目に選んだ本。文庫本発売の時購入。表紙いいよね。
一応短編集の仲間に入るのかな。


『今井さん』
テープ起こしで生計をたてている鵜殿さんが編集者から「その場で話していない内容が書き足されているようだが」と電話を受けて、それについて、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月29日

文通友だちさんからいただいた本です。
いとうせいこうさんの本を読むのは久しぶりですが、登場人物の語りにぐいっと惹き付けられました。面白かったです。
どの語りも奇妙でしたが、表題作が好きでした。
わたしも病で一時期マスク人間だったのですが、確かにあれは安心します。
誰でもない人になって、誰でもない人を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play