「新しき村」の百年―〈愚者の園〉の真実―(新潮新書)

「新しき村」の百年―〈愚者の園〉の真実―(新潮新書)

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

一世紀前、武者小路実篤を中心として「新しき村」が創設された。戦争や暴動など国内外が騒然とする時代にあって、「人類共生」の夢を掲げた農村共同体は、土地の移転、人間関係による内紛、実篤の離村と死没など幾度も危機にさらされながらも、着実な発展を遂げていく。平成以降、高齢化と収入減のため存続が危ぶまれるなか、世界的にも類例のないユートピア実践の軌跡をたどるとともに、その現代的意義を問い直す。 ※新潮新書に掲載の写真の一部は、電子版には収録しておりません。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
電子版発売日
2017年11月24日
紙の本の発売
2017年11月
サイズ(目安)
19MB

「新しき村」の百年―〈愚者の園〉の真実―(新潮新書) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年06月11日

    武者小路実篤が「新しき村」なるものを主宰していたというのは中学の文学史とかで知ったんじゃないかな。それがいまでも続いていると知ったのはこの本の存在を知ったここ1~2年のこと。ちょうど新しき村開設から百年の年にできたこの本は、その百年を追っている。
    前半は武者小路実篤その人の紹介に一定の分量が割かれて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮新書 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング