「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす
  • 値引き

「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす

作者名 :
値引き価格 418円 (380円+税) 8月6日まで
通常価格 836円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

多くの日本人が、丁寧な暮らしや、家事をきちんとこなすこと、配慮の行き届いた子育てをすることを理想としている。しかし他方では、日本人の「完璧家事」の傾向や、昨今のシンプルな暮らし(「断捨離」「ミニマリズム」など)の流行は、母親への目に見えない圧力となると同時に、家族との分業を阻んだり、葛藤の原因ともなっている。多くの聞き取りや国際比較などを参照しながら、気楽で苦しくない家事とのつきあい方を提案する。

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2017年11月17日
紙の本の発売
2017年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年01月02日

    タイトルを見たときは、単なるエッセーかと思っていた。
    しかし、読んでみると参考文献が多く、学術的観点がある点で、他の家事本とは一線を画す。
    一つ一つの主張に、出典による裏付けがあり説得力がある。
    流行のミニマリズムに対して、現実的な観点から批判もしている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月25日

    家事ができる能力=女性の人間力、みたいな考えって本当に日本で根付いてると思うし、主婦は自分にプレッシャーを与えがちな気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月13日

    家事をし過ぎないコツとして、朝ごはんは手抜きで、晩御飯も一汁一菜でを記録。また夫との家事分担に、誰が細かい家事分担をするか担当割り振り表の作成が参考になる。
    また、玄関側にコートや仕事カバンなど外用のものを置くことも気づいた

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月15日

    翻訳家であり、ナチュラルクリーニングの提唱者でもある著者が、日本の家事労働のあり方や戦後70年以上経った今でも変わらない女性の社会的立場について、2016年に上智大学大学院での論文執筆にあたっての調査や海外の人脈との交流から得た情報を元に書いた一石を投じる意見書。

    著者は凄い女性だと感服する。様々...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月24日

    海外との比較や、歴史的な見方がされており、とても面白い。タイトルが、若干、売れる本を狙ってる感があるのが、むしろ残念なくらい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月02日

    著者は重曹やクエン酸を使う掃除法などを紹介しているので、いわゆる有能な主婦礼讃の立場の人だと誤解していた。
    家事の出来ない女性は恥、一汁三菜手作り、いつも気配り目配り、子供の頃から刷り込まれた意識を私もこの頃捨てつつある。家事をアウトソーシングしたって良いではないか、そんなアドバイスをくれたのは夫で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月07日

    だいぶ前に買ったのに未読だったのでこの機会に読んでみた。著者はナチュラルクリーニングをはじめ、お掃除講座などを展開されている方で翻訳家でもあるそう。
    そんな方が「(日本人女性は)家事のしすぎ」という内容の本を書かれることが興味深い。むしろ「もっときれいに!もっと自然で丁寧に!」みたいな方向性になりそ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月06日

    他の方のレビューにあるように、後半は個人的感想で、あまり納得できなかったです。前半は良かったのに残念。
    日本ではフルタイムで働いていても家事の外注があまり進まないのが難点で、これからは家事代行サービスなど活用して自分の時間を作りたいと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月11日

    ・家族には「毎日やらなくていいんじゃないか、もう少し手を抜いてもいいんじゃないか」と思われながら、ほとんどの妻が「誰かに手伝ってほしい」と思いながらも孤独に頑張り続けている。
    ・「本人に宿題の重要性がわかっていないようなので、先生から説明してほしい」or「夫に言ってください」(!!笑 今度言われたら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月23日

    第1部はタイトルの根拠となることが多く上げられるおり、説得力があった。第2部は著者の個人的意見や思いが強く、主観的な論調だと感じた。
    いずれにせよ、日本の女性は家事をしすぎであり、それが社会問題であると提唱した点は大変良いと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています