きょうも、せんべろ 千円で酔える酒場の旅

きょうも、せんべろ 千円で酔える酒場の旅

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

立ち飲み、刺身のうまい店、もつ煮の名店……
きょうは、どの店いこうかなあ。
安くておいしい、でもそれだけじゃない……王道から穴場まで、笑いと涙の酒場探訪。


千円でべろべろに酔える店、通称「せんべろ」。
「これまで訪れた酒場は3000軒」という酒場ライターさくらいよしえと、漫画家河井克夫による究極のせんべろ酒場ガイドエッセイ。
あの有名店の裏話から、超穴場店の発掘まで、安くておいしくて泣けて笑える32のお店を紹介!
スポニチ人気連載、待望の書籍化!!

しみじみ泣ける店主の半生があったり、しみじみ笑えるルールがあったり、そこに行くと小さなドラマに出会える場所、
人間模様や町の息づかいが凝縮された、情緒ある酒場こそが、せんべろ酒場だ。
本書は、データだけではわからない、そんなせんべろ酒場の「味」がつまった、漫画と文による新しいガイドエッセイである。

「せんべろ酒場で見つけたいのは、安いだけじゃない、その奥に広がるバックストーリーだ!」
あなたのハートに届く名店(迷店)が見つかりますように。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 食・料理
出版社
イースト・プレス
電子版発売日
2017年11月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
25MB

きょうも、せんべろ 千円で酔える酒場の旅 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年09月11日

    急げば、15分あると読める。しっかし、行きてーなー、という店が多すぎる。
    ニューカヤバとか、馬力とかは行ったことあるけど、門仲とか浅草橋、船堀と言った近場にも魅力的なとこあるねー。
    やっぱ金宮なのね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています