奈良まちはじまり朝ごはん

奈良まちはじまり朝ごはん

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 682円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

奈良のならまちにある、昼でも夜でも朝ごはんを出す店。和食から洋食まで店主・雄也の気分で提供し、メニューは存在しない。朝ごはんを『新しい一日のはじまり』と位置づける雄也が、それぞれの人生の岐路に立つ人々を応援する“はじまりの朝ごはん”を作る。――出社初日に会社が倒産し無職になった詩織は、ふらっと雄也の店を訪れる。雄也の朝ごはんを食べるとなぜか心が温かく満たされ涙が溢れた。その店で働くことになった詩織のならまちでの新しい一日が始まる。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
スターツ出版
掲載誌・レーベル
スターツ出版文庫
ページ数
376ページ
電子版発売日
2017年11月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

奈良まちはじまり朝ごはん のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年12月14日

    新社会人1日目に会社が倒産してしまった主人公の女の子が偶然たどり着いた朝ごはんのお店。

    温かい朝ごはんをだすことにこだわる店主と悩みを抱えたお客さんにおせっかいを役主人公の物語。

    作品に登場するメニューのレシピが載ってるから作ってみたいな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月30日

    京都ものが好きなので読んでみた。
    奈良は行ったことがないのですが、主人公の行動力は気持ちよく、ごはんもとにかく美味しそう。
    エピソードも、よくあるものではなく予想の反対をいく物語でストライク。
    けっこう笑ってしまうシーンもあって、2回目を読んでいます。
    おすすめです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月04日

    奈良の『ならまち』のはずれにある、昼でも夜でも朝ごはんを出す小さな店。無愛想な店主・雄也の気分で提供するため、メニューは存在しない。朝ごはんを『新しい一日のはじまり』と位置づける雄也が、それぞれの人生の岐路に立つ人々を応援する“はじまりの朝ごはん”を作る。―出社初日に会社が倒産し無職になった詩織は、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月15日

    ならまちの朝ごはん専門のお店で働くことになった女の子のお話。急にファンタジーみたいになったり、女の子が直情的すぎて、あまり入り込めなかった…。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年09月18日

    奈良本、給食メニュー狙い本
    と、あざとい選書が嫌で、放っていたご、いぬじゅんさんはうまくて泣かされた。

    入社初日に会社の倒産を知る詩織が、行き着いたのはならまちのはずれの朝ごはんやの前のベンチ

    朝ごはんは一日のはじまり。
    最初にお腹に入れるものが、温かい食べ物ならば、人の心は元気になれる。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

奈良まちはじまり朝ごはん のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 奈良まちはじまり朝ごはん
    奈良のならまちにある、昼でも夜でも朝ごはんを出す店。和食から洋食まで店主・雄也の気分で提供し、メニューは存在しない。朝ごはんを『新しい一日のはじまり』と位置づける雄也が、それぞれの人生の岐路に立つ人々を応援する“はじまりの朝ごはん”を作る。――出社初日に会社が倒産し無職になった詩織は、ふらっと雄也の店を訪れる。雄也の朝ごはんを食べるとなぜか心が温かく満たされ涙が溢れた。その店で...
  • 奈良まちはじまり朝ごはん 2
    奈良のならまちにある『和温食堂』(わおん)で働く詩織。紅葉深まる秋の寒いある日、店主・雄也の高校の同級生が店を訪ねてくる。久しぶりに 帰省した旧友のために、奈良名物『柿の葉寿司』をふるまうが、なぜか彼は食が進まず様子もどこか変。そんな彼が店を訪ねてきた、人には言えない理由とは――。人生の岐路に立つ人を応援する “はじまりの朝ごはん”を出す店の、人気作品第2弾!読めば心が元気になる...
  • 奈良まちはじまり朝ごはん 3
    詩織が、奈良のならまちにある朝ごはん屋『和温食堂』で働き始めて1年が経とうとしていた。ある日、アパートの隣に若い夫婦が引っ越してくる。双子の夜泣きに悩まされつつも、かわいさに癒され仕事に励んでいたのだが……。家を守りたい父と一緒に暮らしたい息子、忘れられない恋に苦しむ友達の和豆、将来に希望を持てない詩織の弟・俊哉が悩みを抱えてお店にやってくる。そして、そんな彼らの新しい1日を...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています