御社の働き方改革、ここが間違ってます! 残業削減で伸びるすごい会社

御社の働き方改革、ここが間違ってます! 残業削減で伸びるすごい会社

作者名 :
通常価格 749円 (税込)
紙の本 [参考] 950円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

◆青野慶久氏推薦(サイボウズ代表取締役)「やり方次第では、逆効果。チームを変えたい人、必読!」 ◆小室淑恵氏推薦(ワーク・ライフバランス代表取締役)「本書を実践すれば、ブラック残業も不機嫌な職場もなくなります!」 昨今「働き方改革」という言葉が叫ばれている。しかし、それによって悲鳴を上げている現場は少なくない。“残業削減しろ、予算達成しろ、あとはよろしく”といった「現場へムチャぶり」の「見せかけの働き方改革」では、社員は疲弊し、生産性は落ち、人が辞めていく。政府の働き方改革実現会議で有識者議員を務めた著者は、真の働き方改革とは言わば「会社の魅力化プロジェクト」と説く。それは経営改革であり、「昭和の活躍モデル」からの脱却なのだ。本書で取り上げた働き方改革先進企業では、改革を経てどのような変化が起きたのか。大和証券では子育て社員の活躍、カルビーでは低迷商品の売上V字回復、アクセンチュアでは職場の雰囲気改善と業績アップ……など、目に見える成果から目に見えない成果まで様々だ。また、働き方改革は社会も変える。少子化改善や地方創生にも効果を発揮することが分かってきた。第一人者による、新しい働き方の理論とノウハウを徹底解説した1冊。 【目次より】●序章 働き方改革の何が問題なのか ●第1章 働き方改革はどうすれば成功するのか ●第2章 先端事例に「働き方改革」の実際を学ぶ ●第3章 現場から働き方をこう変える! ●第4章 なぜ「実力主義」の職場はこれから破綻するのか ●第5章 「女性に優しい働き方」は失敗する運命にある ●第6章 社会課題としての長時間労働 ●第7章 実録・残業上限の衝撃 「働き方改革実現会議」」で目にした上限規制までの道のり

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP新書
ページ数
272ページ
電子版発売日
2017年09月08日
紙の本の発売
2017年07月
コンテンツ形式
XMDF

Posted by ブクログ 2018年08月26日

■仕事の効率化における「三大悪」
①仕事の属人化
②会議が多い,長い。目的が明確でない。
③過剰品質
■女性が活躍するための三条件
①長時間労働を是正し時間単位の成果でフェアに評価されること
②年功序列の廃止。年次と仕事を結び付けない
③父親の家庭参画の促進
■なぜ女性は管理職になりたがらないのか
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月18日

いろいろな角度から「働き方改革」に切り込む。本書に何度も書かれているけれど、「長時間会社にいる=会社に貢献しているという感覚」からはそろそろ抜け出してもらいたい。残業=試験時間終了後もまだ解答していることという例えが言い得て妙。この例えは私も使いたい。「業務の終了時間がルーズ」は、パオロ・マッツァリ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月28日

2018年28冊目
働き方改革と叫ばれて久しいが、一体どこから手をつければいいのか。
ただ、残業削減のみを取り上げるとブラックな職場になりがち。
では、テレワークや在宅などの仕組みを入れればというかとそういう訳ではない。
本書を読むと働き方改革は会社の仕組み・風土全体を変えるという事がわかる。
また...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月25日

”働きかた改革”に関する、どちらかというとバランス感覚のある感じの本。タイトルからは、ありがちな”ダメな働き方改革をぶった切る”ようなものを想像しますが、そんな内容ではありませんでした。安倍首相が音頭を取る”働き方改革”がどのような経緯で進んでいるのか、何を目指そうとしているのか、そのへんの事情を知...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月28日

働き方改革は経営者に覚悟を求めるもの。
本気度として評価と報酬の設計にまで
手を突っ込むか。
個人の働き方が悪いのでなく
ビジネスモデルから変える必要がある。
滅私奉公、24時間戦う、マッチョな体育会系
この時代は終わったんだなーと。
ただの残業撲滅だけではだめだ。

大手マスコミの覆面座談会
これ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています