図解 宇宙船

図解 宇宙船

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ロケット打ち上げのニュースや宇宙を舞台にしたたくさんのSF作品に触れる私たちにとって、「人が宇宙に行ける」ということは今や当たり前になっています。しかし、人はどうやってそれを可能にしてきたのでしょう?本書では、人が乗るために造られた有人宇宙船を中心に、今までに立てられた宇宙船計画や宇宙航行の基礎知識をわかりやすくまとめました。あわせて、宇宙船の未来の姿かもしれない、創作物の宇宙船を解説。限りない、宇宙への憧れが味わえる一冊です。

ジャンル
出版社
新紀元社
ページ数
240ページ
電子版発売日
2017年11月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
170MB

関連タグ:

図解 宇宙船 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    宇宙船を題材として、これまでの宇宙開発の歴史をわかりやすく説明している本。SFに登場してくる宇宙船までも解説されており、面白い構成になっていた。ただ、わかりやすいけど、宇宙に興味がある人でないと読みづらいかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月16日

    宇宙船の故障は人災によるモノ。
    宇宙船の開発が中止になるのは資金不足。日本でも有人ロケットが開発中止になった。馬鹿(無能)にくれてやる金を回してやりたいよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月19日

    ファンタジーから離れて、今回は、宇宙船がテーマでした。
    でも、良かったですよ。

    今は、宇宙開発がちょっと止まっている時代です。
    まあ、宇宙開発には莫大なお金がかかるので。余裕がない。これは、あんまり平和でない証拠かも。

    でも、スペースコロニーも、宇宙ステーションも、実現が見えてきた時代。

    もっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    宇宙船の歴史と概略を知るにはいいかもしれないが、なんとなく物足りなさが残る。第4章ではそのままを載せるのが無理ならば、せめてシルエットぐらい載せてくれたら良かったのに。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年01月14日

    宇宙船の材質:アルミニウム合金、ニッケル合金「インコネル」、チタン合金。
    ハニカムサンドイッチパネル(ハニカムは蜂の巣)
    先端部分は強化カーボン(RCC: reinforced carbon-carbon)
    窓:石英から作るシリカガラス。摂氏430度に耐える。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています