虚ろなる十月の夜に

虚ろなる十月の夜に

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

切り裂き魔(ジャック)に吸血鬼(ドラキュラ)、名探偵(ホームズ)
いずれ劣らぬ曲者たちが旧き神々(クトゥルー)に対峙する――

十月の終わりの万聖節前夜に、そのゲームは行われる。
《閉じる者》と《開く者》、旧き神々を崇拝する者たちとそれを阻止せんとする者たちの、
世界の変革と保持を巡る戦い──《大いなる儀式》が。
御主人切り裂きジャックと使い魔である犬のスナッフもまた、《大いなる儀式》の参加者である。
彼らが来た村には、ドラキュラ伯爵、フランケンシュタイン博士らの姿があり、
使い魔たちは儀式へ向け情報を集めている。
スナッフは魔女ジルの使い魔である猫のグレイモークと頻繁に情報を交換するが、
果たして彼女たちが味方なのかすらもわからないのだ。
そして儀式の日が迫る中、参加者たちの周りに名探偵シャーロック・ホームズの影が見え隠れする──。
著名なキャラクターたちとクトゥルー神話を融合させ、
ネビュラ賞候補作ともなった、奇想横溢のゼラズニイ最後の長篇。

ジャンル
出版社
竹書房
掲載誌・レーベル
竹書房文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2017年12月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2017年12月08日

    ゼラズニイの未訳ものが出るのもビックリなら、ラノベの様なカバーで竹書房から出るのもビックリでございました。
    表紙絵にも違和感だし、オビの説明文も余計な気がするが、この方が若い子が手に取りやすいんだろうな…

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています