ひなは蜜色の恋にとらわれる(2)
  • 完結
  • 最新刊

ひなは蜜色の恋にとらわれる(2)

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

失恋で自暴自棄になり初めてを捧げた男・コウに、上司と部下として再会した凌歩(しのぶ)。コウの誘惑に抗えず、何度も身体を繋げ時間を共にするうちに彼への恋心を自覚する。だが実は、すべてはコウの恋愛ゲームに過ぎなかった――。新しい男を家に連れ込み、凌歩のことを「ただの部下」だと言い捨てて……!?

ジャンル
出版社
新書館
掲載誌・レーベル
シア
電子版発売日
2017年08月18日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
113MB

ひなは蜜色の恋にとらわれる(2) のユーザーレビュー

    購入済み

    何度も読み返しています

    ふに 2019年11月17日

    ドキドキ ソワソワ ジリジリ じんわり


    とても良いお話でした
    画もすてきでした。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    健気好きにお薦め

    まあ 2020年03月22日

    悪い男が自分のした事に苦しむ内容は自業自得と思いながらも切ないです。そりゃ信じて貰うのは無理な話でしょ。受けの子が心が綺麗で救われます。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    満足のいく反省ぶり

    かむさび 2017年08月18日

    傲慢な遊び人クズ攻が反省しまくります!思い通りになると思っていた健気で純真な受に逃げられ、謝罪も受け付けてもらえません。ざまぁぁ!コウ!さあどん底まで落ち給え!ワクワクしながら読みました。天使のような受は最終的には反省したクズを拾ってあげるんだけど、過程が大切ですからね!しのぶタン、マジ天使!満足の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    攻めのクズぶりが

    まちねこ 2019年09月23日

    1巻読んで「なんだこの攻キャラ…ドクズじゃねーか」って思いました。でも、なんでそんなドクズなことするようになったのかまでは描いてなく天然でドクズな遊びが好きな攻だと解釈。
    2巻は攻が受を弄び執着するよう仕向けた結果、受は攻から自立し、攻自身が受に執着し弱っていく展開は読んでてスッキリした。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年12月01日

    ▼あらすじ
    初めてを捧げた男・コウと、上司と部下として再会した凌歩。
    コウの甘い言葉と行為に次第に溺れていった凌歩だが、突然コウの態度が急変し!?

    ***

    攻めに制裁が下るよう願いつつ読み始めた第2巻(笑)
    攻めに遊ばれていた事に気が付いた受けは攻めに縋る事なく名古屋へと転勤し、そこで心機一転...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年08月18日

    カバー下漫画あり。

    一巻は遊びをにおわせるイヤーなコウというところで終わってしまい、凌歩が不憫すぎて二巻目発売が待ち遠しくて仕方ありませんでした。
    凌歩に溺れて仕舞わぬよう一線引いているのだろうとは思ってはいましたが、まさか凌歩があんな態度をとるとは思いもよらず、途中涙が止まりませんでした。むろん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ひなは蜜色の恋にとらわれる のシリーズ作品 全2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • ひなは蜜色の恋にとらわれる(1)
    完結
    親友に失恋し自暴自棄になった凌歩(しのぶ)は、バーで出会った男・コウと一夜を共にする。遊び慣れたコウの手管に初めてを捧げてしまった凌歩は、その日だけの関係と割り切ろうとするが、数日後、凌歩の前に上司としてコウが現れ……!?
  • ひなは蜜色の恋にとらわれる(2)
    完結
    失恋で自暴自棄になり初めてを捧げた男・コウに、上司と部下として再会した凌歩(しのぶ)。コウの誘惑に抗えず、何度も身体を繋げ時間を共にするうちに彼への恋心を自覚する。だが実は、すべてはコウの恋愛ゲームに過ぎなかった――。新しい男を家に連れ込み、凌歩のことを「ただの部下」だと言い捨てて……!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています