ダークホルムの闇の君

ダークホルムの闇の君

作者名 :
通常価格 1,018円 (926円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

魔術師大学総長ケリーダのもとに、山のように寄せられる手紙。魔術師、吟遊詩人、傭兵隊長、はてはエルフや龍まで、誰もが資本家チェズニー氏と彼の巡礼観光団の横暴ぶりを訴えている。彼が40年前に別の世界からやってきて、この魔法世界を観光地にして以来、今や町も畑も荒れ果て、諸国の財政も危機に瀕している。風前の灯の魔法世界をチェズニー氏の手から救うのは一体誰か。ケリーダたちが神殿から授かったお告げは魔術師ダークを名指しした。巡礼観光団の到着を控え、ダーク夫妻と一男一女五グリフィンの子供たちが巻き起こす騒動の顛末は? 現代英国ファンタジイの第一人者が辛口のユーモアをたっぷり盛り込んで語る〈ダークホルム二部作〉第1弾!/解説=妹尾ゆふ子

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
496ページ
電子版発売日
2017年07月14日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ダークホルムの闇の君 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年02月11日

    DWJの作品の中ではダークホルム二部作が一番好き。自己中心的かつ魅力的な人物満載の世界が本当に楽しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月14日

    グリフィンとのホームドラマ!
    劇の舞台裏みたいな設定と、せわしないともいえる
    テンポが面白かった。
    最後の怒濤の幕引きはDWJらしかった・・といえるのかな。
    なにはともあれ、キットがすきだ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月11日

    非日常の中の日常。これはすごい。
    辛口ファンタジー、ファンタジーなのにこの現実臭さはなんでしょう。まさに観光地化した田舎での問題をドキュメンタリーとして仕立て上げたような…そんなストーリー。でもしっかりファンタジーです。こんなファンタジー小説他にはない!
    オススメです。

    翼のある豚がパーティーをめ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月22日

    何度呼んでもおもしろい。
    設定だけがファンタジーちっくでぽやぽやしているようなのとは違ってすごく読み応えがある。

    そしてダイアナさんのどの作品にも言えることだけど、登場人物が本当に魅力的。単純なステレオタイプにあてはまる子は一人もいない。
    あっという間に読み終えてしまった。

    悪者が「正義は勝つ」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    D・W・ジョーンズ作品でも、一、二を争うお気に入り!量産される商業的エンタメファンタジーへの痛快な皮肉、息をつかせない展開、層の厚いキャラクターの魅力的なこと。チェズニー氏の扱いが案外あっさりしているのには驚いたけれど、ひとりひとりが大立ち回りして大団円!な展開は読後感爽快。たまりません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    ウロコとリダが好きすぎる。あとブレイドとキット。おもしろかったー。ちょっと登場人物多くて誰が誰だかわかんなくなるけど。設定が凄い。観光会って。異世界って。世界観になじめたもの勝ち。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    作者の代表作の一つと言えるでしょう。
    ダークホルムは魔法使いの住む世界。
    ここ40年もの間、人間界のチェズニー氏との契約に縛られ、半ば乗っ取られたような状態となっています。
    チェズニー氏の主催する観光旅行のために、魔法のアミューズメントパークとして、人間の目の前でRPGのような色々な危機を演じて楽し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ファンタジーのが好きで、かつゲームが好きな人にはかなりお勧め。魔法の世界に旅行が出来たら・・・。魔法世界側のお話。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    『ハウル』の原作を書いたダイアナ・ウィン・ジョーンズさんの作品。RPGの舞台裏を見ている様で面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    何がおきているかずーーーっとわからなかった!ジョーンズらしい超重層性。
    ディズニーランドへの皮肉がこもってる気が・・・(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています