情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方

情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方

作者名 :
通常価格 2,640円 (2,400円+税)
獲得ポイント

13pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。

プログラマが素晴らしいキャリアを築くための実践的な考え方と方法を説く
本書は、等身大のプログラマの一人がキャリア開発の重要性を説き、そのための心構えなどを示したもの。「プログラマはビジネス視点を持って意識的なキャリア開発をすべき」という視点から、その実践方法を著者独特の生き生きとした共感できる語り口で伝える。原書は“The Passionate Programmer: Creating a Remarkable Career in Software Development”(The Pragmatic Programmers,2009)
『My Job Went To India オフショア時代のソフトウェア開発者サバイバルガイド』(オーム社、2006年)の改題改訂版。

日本の読者の皆さんへ
本書に寄せて
謝辞
イントロダクション
第1章 市場を選ぶ
第2章 製品に投資する
第3章 実行に移す
第4章 マーケティング……スーツ族だけのものじゃない
第5章 研鑽を怠らない
楽しもう
参考文献
監訳者あとがき

ジャンル
出版社
オーム社
ページ数
200ページ
電子版発売日
2018年06月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
121MB

情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月11日

    読むと自分にもできることがまだまだあるなと再認識させられる。自らの立ち位置を把握して前に進む。簡単だが難しいことだが、その一助となる本だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月20日

    忘れがちなビジネス面、避けてしまいがちな泥臭い面にも触れながらソフトウェア開発者としての生き方を教えてくれる本だった。具体的な行動を提案してくれていることが、とりわけ読むに値した点だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月20日

    本書の改題改訂前の版である『My Job Went to India』を読み終わった時の読書メモにこう書いた。

    「読み進めていくうちに、この本の本質はオフショア開発 vs. 自サイト開発、みたいな構造とはまったく無関係で、そもそもオフショア開発ともほとんど無関係であることがわかった。(少なくとも自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月14日

    日々の仕事に追われているとつい忘れてしまうことを思い出させてくれる書籍。

    情熱を持つこと、持ち続けること、持ち続けるために足りないものはなにか。

    自分の人生の多くの部分を仕事に費やすなら情熱をもって仕事を愛することが大事なのかもしれません。

    細かいトピックに分かれているので拾い読みも頭から読ん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月24日

    エンジニアむけの自己啓発本。今となっては古くなっているような話もあるので自分に必要だと思うものだけ読むのがよい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月29日

    基本的なことしか書いてないけど、普段みんな仕事で忙殺されたりしてできてないので、それを思い出してやること。
     ・行動して成果を出す
     ・短期目標と長期目標を持つ 
     ・自分を売り込んで人脈を作る

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月22日

    表題どおり熱い本やった w

    ソフトウェア技術者として生涯学び続けるのか、それとも無難に業務をこなしつつ定年まで過ごせればよいのか、あなたはどちら?

    新人の頃は仕事に喰らいつくのに必死やけど、10年も経てばそれなりに業務をこなせるようになってきて、そこから先の学びは本人の意識次第なんやろうなと。プ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月24日

    『アジャイルサムライ』以来のソフトウェア開発者としての心を震わされる大ヒット。

    ひとつひとつのコラムの内容は『達人プログラマー』のような本を一度読んだことがある人であれば、既にソフトウェア開発者の理想、あるべき姿として頭に残ってはいる。

    この本はそれを著者独自の熱い、説得力のある文章で伝えており...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月30日

    3年前に購入した情熱プログラマーを今日改めて読み返してみました!やっぱりこの本は僕の原点となる本です!!
    自分の考えていることであったり、大事にしていることが全て網羅されている用な感じです。

    プログラマだけにとどまらず、非プログラマの人もとても参考になるところはあると思います。単純なHowTo本で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月06日

    プログラマとしてもっと頑張っていこうという情熱を再燃させてくれる良書。

    プログラマの仕事についたばかりの若い人はもちろん読むべきだと思うのだけど、直接プログラムを書かない人でも、この本の考え方や、仕事に対する姿勢というのは必ず役に立つと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています