東京カウガール

東京カウガール

作者名 :
通常価格 1,500円 (1,364円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

きみは知らない/きみを知りたい 僕は動けなかった。恐怖心からではなく、男たちを叩きのめすその女性に見惚(みと)れてしまったんだ――。その夜、カメラマン志望の大学生・木下英志は夜景を撮っていた。人気(ひとけ)のない公園で鈍い音を聞きつけカメラを向けると、そこには一人の女性がいた。彼女は屈強な男たちを叩きのめすと、車椅子の老人を伴い車へと消えた……。後日、改めて画像を見た英志は気づく。「似ている。横顔が、あの子に」 〈カウガール〉と名付けた彼女の画像を頼りに、その正体に近づいていく英志だったが、やがて彼女自身にも心を寄せていく。そして辿り着いた真相と、彼女の家族が背負った哀しい過去とは? 累計150万部突破の「東京バンドワゴン」シリーズの著者が描く、もう一つの「東京」の物語。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
PHP研究所
ページ数
384ページ
電子版発売日
2017年06月23日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

東京カウガール のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年01月18日

    ちょっと変わった登場人物が多いけどそれなりにおもしろい。プロットとしては、花咲町シリーズを連想させる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月17日

    読みやすく とっつきやすい
    ラブストーリーです。
    主人公と彼女と 周りの人の設定が小路幸也らしい気がします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月22日

    小路幸也さんの「知らないうちにガッツリ刊行されてて読めてなかったやつがこんなにあったとはっ!!!」シリーズ!?・・・衝撃の第四弾w

    その夜、カメラマン志望の大学生・木下英志は夜景を撮っていた。人気のない公園で鈍い音を聞きつけカメラを向けると、そこには一人の女性がいた。彼女は屈強な男たちを叩きのめす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月19日

    大学生があるケンカを目撃して

    そのケンカは女の子対半グレ。
    女の子の圧勝。

    動画に収めたことで、話が動き出す。
    女の子の正体は?

    登場するキャラが分かりやすい。
    シュッとしているというか。

    終わり方も、まぁ納得。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月25日

    もっと陽気な話かと思ったら、意外とハードな展開。
    キノきん、とってもいい子だわぁ。でも、おじさまの方が好きかも(笑)あんなお店、実在したら行ってみたーい。
    彼女との仲はスムーズに進むのでニコニコ。ま、できすぎといえばできすぎなんだけど。
    そして、みんなの命がどうこうのはずが、ずいぶんあっさり解決した...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月10日

    きみは知らない/きみを知りたい
    僕は動けなかった。恐怖心からではなく、男たちを叩きのめすその女性に見惚(みと)れてしまったんだ――。
    その夜、カメラマン志望の大学生・木下英志は夜景を撮っていた。人気(ひとけ)のない公園で鈍い音を聞きつけカメラを向けると、そこには一人の女性がいた。彼女は屈強な男たちを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月15日

    題名からは想像出来ないストーリー。あっさり一気に読めた。 2017.8.15

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月14日

    「ものすごく強い若いオンナノコ」
    というのが書きたかったのだろうかあ。
    まあお話的にはいつも通り。笑。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月09日

    いくら恨みがあるからといって暴力でなんとかしようとするのは相手と同程度という気がして納得できない。別の方法があるのではないか?
    暴力でなんとかしよう、するということに気づいているのなら、周囲の人間が止めるべき。
    力で訴えるなんてありえない。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年07月16日

    3.8
    映像の仕事を志す大学生・木下英志 21才 。
    恵比寿の公園で、相手を壊すことに特化した格闘技を駆使し、一瞬にして3人の男を再起不能へと葬った女を目撃する。
    その後、大学の研究会で撮影に行った岡島製作所の孫娘・石垣奈子と再会し、同一人物である確信を得る。
    ゲイで裏の世界にも通じる叔父・繁、その...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています