チーム・ダーウィン ― 「学習する組織」だけが生き残る

チーム・ダーウィン ― 「学習する組織」だけが生き残る

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

最高のチームは、どうすればつくれるのか? 「学習する組織」をストーリーで学べる一冊
業績不振のなか、マーケティング部の松田理子は、新規プロジェクトに抜擢された。だが、プロジェクトの目的は曖昧で、上司は頼りない。招集されたメンバーも変わり者ばかりで、チームはたちまち暗礁に乗り上げてしまう。会社は一体、何をしようとしているのか?・・・会社売却とリストラの話が進むなか、会社の運命を託されたチームが、「学習する組織」へと変貌していく成長ストーリー。
◆「学習する組織(ラーニング・オーガニゼーション)」とは、MIT(マサチューセッツ工科大学)のピーター・M・センゲらが米国の先端企業との研究・実践を踏まえて練り上げた組織開発のアプローチ。変化に柔軟に適応し進化し続ける組織をつくることを目指す。ナイキ、ユニリーバ、世界銀行、ノボ ノルディスクなど世界各国の有力企業で導入されており、その手法体系を記したセンゲ著『学習する組織』は世界100万部を超えるベストセラーとなっている。
◆「学習する組織」には、組織の学習能力を高めるために実践すべき「5つのディシプリン」がある。本書『チーム・ダーウィン』では、臨場感あふれるビジネスストーリーを通して、「パーソナルマスタリー」「チーム学習」「メンタルモデル」「システム思考」「共有ビジョン」の5つのディシプリンを基礎から学ぶことができる。
◆ストーリーだけでなく、巻末の「ダーウィン・ノート」に「法則」を整理。学習する組織の5つのディシプリンに加え、コア・チームの作り方、意思決定のプロセス、対話と会議の進め方についても要点をわかりやすくまとめている。

ジャンル
出版社
英治出版
ページ数
320ページ
電子版発売日
2017年06月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

チーム・ダーウィン ― 「学習する組織」だけが生き残る のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年05月12日

    「学習する組織」についての解説本。小説として書かれているため読みやすい。小説の後にポイントが凝縮して解説されているのも分かりやすかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月09日

    2011年53冊目。


    ドラッカーの「マネジメント」のための「もしドラ」だとすれば、
    センゲの「学習する組織」のための本書。

    専門書がカテゴリーで読み進めていくのに対し、
    小説形式は時系列で進んでいく。
    僕達が普段時系列で生きている以上、
    後者の方が実体験と重ね合わせながら読める。

    本書の素晴...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月10日

    「学習する組織」をベースとした小説形式のビジネス書。
    私は小説をほとんど読まないのですが、この本には夢中になりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    ストーリーが破綻無くつづられていて感動。これはタメになる本です。さらにリーダーとは引っ張っていくものではない!とか勉強になった。さりげなく、ファシリテーションとか、ダイアローグのやり方も入っていて高度な内容でした。
    私の手帳にも書き込みましたがこちらにも再掲。

    ●学び、進化する組織の5つの原則
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月20日

    via アネゴ。kkd からも勧められた。

    内容も良かったけど、最後の「進化とは変化にほかならない」という一文にほっとした。

    このタイトルで、この読者ターゲットで、この言葉の間違ったイメージを助長されたらちょっと悲しいので。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月30日

    ピーター・センゲの「学習する組織」をストーリー仕立てで学べる本。

    ビジネスものとしては、確かに面白いし、一気に読んでしまったのだが、「学習する組織」の入門書としてはどうなのかなと思った。

    つまり、ヴィジョンやリーダーシップ、ファシリテーション、チームビルディングなどについては語られているのだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月04日

    チームをいかにまとめていくかを語っている小説。
    「最強組織の法則」という本をわかりやすくしたもの。
    物語の中に、実際にどのようにまとめるかを記載してあるので、活用しやすい。
    家でご飯を食べるときは文句を言わないのに毎日同じ食堂だと文句を言う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月14日

    チームビルディングをテーマにした小説。学習する組織とはどのようなものなのか、気づき、対話、相互作用、価値の創造、アラインメント、意思決定などについて書いてある。チームリーダー必読でしょう(^o^)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月05日

    社員一人ひとりが主体的に考えて行動することの大切さ、会社は一人では成り立たないことを理解して周りと協力する姿勢を忘れない事、モチベーション高く仕事に取り組めるような人間関係を築いていく事、諦めない前向さを持つ大切さ、など、感じる事や刺激になることが沢山あったので読んでみて良かった。すんなりと理解でき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月06日

    ゲラを読んでもらった書店さんのコメントです。

    「私はこの本にもっと早く出会いたかった!という気持ちでいっぱいです。
    テンポ良く白熱していくストーリーに引き込まれっぱなしで、自分もいつの間にかチーム・ダーウィンの一員として、課題について考えさせられていました。
    リアルな臨場感にあふれており、ビ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています