NHK「100分de名著」ブックス 良寛詩歌集 「どん底目線」で生きる

NHK「100分de名著」ブックス 良寛詩歌集 「どん底目線」で生きる

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

子どもたちと手まりをついて遊ぶお坊さん――として、今なお多くの日本人から愛され続けている良寛。どん底の立場から世の中を見据えた清貧な乞食僧は、漢詩と和歌を愛し、亡くなる直前まで「こころの言語化」という精神活動を深めた表現者でもあった。厳しい競争と経済至上の社会のなかで「自分」というものを見失いがちな今日、みずからの姿でもって「人間の座標軸」を示そうとした良寛の生きざまを見る。

[内容]
はじめに 「どん底目線」と「徹底した言語化」
第1章 ありのままの自己を見つめて
第2章 清貧に生きる
第3章 「人」や「自然」と心を通わす
第4章 「老い」と「死」に向き合う
ブックス特別章 良寛さんの仏教理解

ジャンル
出版社
NHK出版
ページ数
152ページ
電子版発売日
2017年05月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

NHK「100分de名著」ブックス 良寛詩歌集 「どん底目線」で生きる のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年05月17日

    番組を観て面白かったので読んだ本。良寛さんのエピソードに共感できるところがあった。この本を読んで良寛さんのことを知れて良かった。この本を読んで大森子陽の業績を知った。この本を読んで「清貧」という生き方が印象に残った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています