失踪都市 所轄魂

失踪都市 所轄魂

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

老夫婦が住んでいた空き家で、男女の白骨死体が発見された。行方不明になっていた夫婦の銀行口座からは二千万円が引き出されていることが判明。捜査を進めると、他に高齢者夫婦が三組、行方不明になっていることもわかった。立て続けに起った高齢者失踪事件。しかし、上層部の消極的な姿勢が捜査の邪魔をして……。警部補の父親とキャリア警視の息子である葛木父子の所轄魂に火がついたとき、衝撃の真相が明らかになる!

ジャンル
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
544ページ
電子版発売日
2017年05月02日
紙の本の発売
2017年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

失踪都市 所轄魂 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年06月04日

    笹本稜平『失踪都市 所轄魂』徳間文庫。

    シリーズ第2弾。シリーズ第1弾は笹本稜平にしては少し斬れ味が足りないと感じたが、この第2弾は果たして……

    今回も所轄の係長・葛木邦彦と息子で警察キャリアの葛木俊史の所轄魂が描かれるが、やはり斬れ味が悪く、物足りない。

    空家で発見された男女の白骨死体に端を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています