読者と主人公と二人のこれから

読者と主人公と二人のこれから

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

この物語さえあれば、他に何もいらない。この小説『十四歳』と、その中に確かに息づく主人公、トキコがいれば―― だが、彼女は俺の前に現れた。灰色の毎日の始まりになるはずだった、新学年のホームルーム。黒板の前に立った彼女こそは、俺が手にした物語の中にいたはずの「トキコ」だった。不器用に近づいていく二人の距離。物語の中にいる「トキコ」と、目の前にいる「柊時子」のあいだで、奇妙に絡まってゆく想い。出会うはずがなかった読者と主人公の物語。その結末にあるものは――。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 電撃文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2017年06月09日
紙の本の発売
2017年04月
サイズ(目安)
17MB

読者と主人公と二人のこれから のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    ラノベではなく文学

    nanjyo 2020年10月06日

    この作品、もっと推敲してラノベ感を減らせば、本気でもっと上の文学賞獲れるんじゃないですか?
    そう云う意味で勿体無い作品かと。
    そのくらいに思えるほど、個人的に物凄く良い作品だと感じた。
    参った、侮り過ぎた。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    すっきりした読み応え

    daiki 2018年07月21日

    物語の設定が非常に面白い。
    それをうまく使った主人公とヒロインの行動が合わさり魅力的な作品だった。

    展開は王道的で驚きは少なかったが、綺麗にまとまっておりすっきりとした読み応えだった。

    超おすすめ! というほどではないが、恋愛小説が好きな友人がいたら問題なく紹介できる一冊だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月25日

    好きな小説の大好きなヒロインが現実に現れたら……というとファンタジーのようだけどそんなことはなく、ありそうで無かった設定として面白い導入だった。

    ボーイミーツガールものとしての基本的な展開自体に驚きは無いが、「物語で出会い、物語で別れる」を軸に丁寧に描かれる心理描写が、物語好きの心に刺さる。中で綴...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

電撃文庫 の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング