不良品探偵

不良品探偵

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
紙の本 [参考] 792円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

馬鹿ファンタジスタ、手遅れ確定のダメ人間、ネジの抜け落ちた規格外の頭脳を太い鉄筋でつなぎとめている男。白城一馬の変わり者の先輩、藍須救武を評する言葉は数あれど、端的に言うならば、まさにこの言葉がふさわしい。すなわち「伝説の不良品」。普段はしようもない言動で一馬を振りまわす藍須だが、自らの高校で、バイト先であるお寺やたこ焼き屋で、ひとたび謎を前にすると謎解きの天才になる?! ミステリーズ!新人賞受賞作家が贈る新シリーズが開幕する! 伝説の不良品探偵・藍須救武の活躍と白城一馬の毒舌をどうぞお楽しみください。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
294ページ
電子版発売日
2017年05月12日
紙の本の発売
2017年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

不良品探偵 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年11月26日

    ふだんはおバカな高校生だが、謎を前にすると謎解きの天才になる藍須救武の活躍を描く短編集。
    ユーモア脱力系ミステリで、探偵とワトソンコンビが高校生らしくないというか”田舎の刑事”シリーズと同じノリなので好き嫌いが別れると思うが、個人的にはけっこう好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月20日

    うむむ。キャラクターの濃さや変なギャグにあまり笑えない。標準語で人物がスマートだからかな…。これが大阪のおっちゃんとかの設定なら笑えるかも。
    トリックは、最近読んだ二冊よりは面白いが、田舎の刑事の方がやはりいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月27日

    表紙めちゃライトノベルですけれど、普通に滝田さんの学園ミステリでした。

    短編集。面白かった。

    文庫で出すのもったいないなー。

    和気有町屋南部署も面白かったし、キャラ立ちしているからシリーズで出したらいいのにという作品いっぱいあるのにこれはこれで終わりなのかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月14日

    田舎の刑事シリーズのファンです。新シリーズは高校生コンビ。
    会話の応酬で読ませる構成はここまで来るともはや落語。(それを意識してるのか、毎話かならず落語のオチのような締め方してますしね)その反動で、地の文による描写が少ないせいか、キャラクターがいまひとつ生き生きと動いている感じがしないのがもったいな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月25日

    思ったよりも、不良品探偵くんがへっぽこでなかった(笑)
    というか、かなり優秀じゃないの。ま、ちょいとずれた部分はあるけど、それも、またご愛敬。
    むしろ、いろんな意味で暴力的な一馬くんの方が問題児に見えるー。
    高校生探偵藍須くん。またのご活躍を楽しみにしておりまする。
    刑事コンビのお約束の展開も面白い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

創元推理文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング