日本列島創生論―地方は国家の希望なり―

日本列島創生論―地方は国家の希望なり―

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

お任せ民主主義と決別し、地方から革命を起こさなければ、未来は切り拓けない。金融政策、財政出動のみで日本は甦らないのだ。「補助金と企業誘致の時代は終わった」「観光はA級を目指すべし」「官僚こそ地方で汗を流せ」「里帰りに魅力を付加せよ」――地方と中央、与党と野党、政官財、老若男女の別なく一致できる「創生への道」とは。初代地方創生大臣が具体的なアイディアをもとに示す、可能性と希望に満ちた日本論。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
電子版発売日
2017年04月21日
紙の本の発売
2017年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

日本列島創生論―地方は国家の希望なり― のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月12日

    日本の持続可能性 人口減少 原子力発電 
    →本気で目標を決めて取り組んだことが無い! 全く同感
     明治以来、連綿と続いてきた中央と地方との関係を根底から覆す

    地方創生 日本列島改造論 田園都市国家構想 ふるさと創生
    (1)国家としての危機感 東京問題への対処
    (2)人口減少問題への取組を最優先
    (...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月22日

    政治家って今まで良いイメージ無かったけれど…
    地方までしっかり見てくれる
    こういう視野が広い人が国を背負ってほしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月12日

    少子化、超高齢化は先進国共通の悩みであり、中でもそうした問題に最も早くぶつかっている日本。
    その課題に率先して取り組んで、解決策を見出していくことは、「課題先進国」としての日本が世界に果たすべき責任としてとらえる。
    そのためには地方の党首、そこに住むひと。行政だけでプランを考えるのではなく「産官学金...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています