おあとがよろしいようで

おあとがよろしいようで

作者名 :
通常価格 917円 (834円+税)
紙の本 [参考] 1,155円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

人気作家は死ぬ前に何を食べたい? 食べることが大好きで死が怖いという漫画家が、人気作家15人に最後の晩餐を訊いて死への怖さを和らげようと考えた。豆腐料理、点心、チェーン店のパスタ、立ち呑みやのおでんなどなど、実際に食事をしながら聞いた死と晩餐の逸話とは――。文学界、CREAWEBの人気連載をまとめたコミックエッセイ。登場作家、綿矢りさ、戌井昭人、山崎ナオコーラ、津村記久子、円城塔、西加奈子、平山夢明、桜庭一樹、朝井リョウ、辛酸なめ子、村田沙耶香、加藤千恵、朝吹真理子、春日太一、島田雅彦。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
128ページ
電子版発売日
2017年03月17日
紙の本の発売
2017年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
30MB

新刊オート購入

おあとがよろしいようで のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月15日

    死ぬのが怖い(まぁ誰でもそうですけど)オカヤさんが、死ぬ前に食べたい食べ物のことをいろんな作家さんにに聞いて回るおはなし。インタビュー実録漫画。

    『人生の最後になにたべたい?』はきっと誰もが話のネタにした事があるド定番の質問なんだけど、聞く方も聞かれる方も作家だと、こんな風に面白い話になるんだなー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月11日

    人生最後に何を食べるかという問いは、昔の夜のニュース番組でもコーナー化されていていろいろな人が答えていて興味深い話も多かった。
    インタビューというには漫画家さんの主観も多くてまとまりがなく、タイトルも内容と合ってないように思えた。でもだらーっと一気にストレスなく読めたのは絵の線の柔らかさが心地よかっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月24日

    死への恐怖を和らげるよりは、食にまつわる作家へのインタビューがメイン。
    とりあえずは、まだ行ったことのない五右衛門に行きたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月30日

    死ぬのが怖い著者が、15人の作家に会いに行く。
    最後の晩餐にしたいものを一緒に食べながら、死を含む未来について語り合う。

    綿矢りさ、山崎ナオコーラ、西加奈子、朝井リョウ、村田沙耶香、面々にひかれてにとる。

    作家さんて考えに迷いがなくて、話を聞くのが楽しい印象。食べたいものも死に方も人それぞれ。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月30日

    「死ぬ前に食べたいものとは?」をテーマに、死ぬのが以上に怖いと思っている著者が、さまざまな著名作家へ敢行したインタビューを実録したドキュメント漫画。それぞれのこだわりや死生観があらわれており、思いのほかライトに楽しめる。ある程度作家のことを知らないと楽しめないかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています