日本人 失格

日本人 失格

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
紙の本 [参考] 792円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ツイッターで意見を言ったら大炎上、一般人からのクレームにメディアや企業は振り回され、人と違うことをすると嫉妬され足を引っぱられる……最近の日本はとかく息苦しい。なぜ他人を叩き、無難を好み、みんなと同じになりたがるのか? そんな空気に抗うように、タレント「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳は、好きなことをやり続け、テレビ以外の分野にも活動の幅を広げている。なぜそんな生き方ができるのか? 芸能界の“異端児”が著す初の自分史、日本人論、そして若い人たちへのメッセージ。【目次】はじめに/第1章 芸能界は息苦しい/第2章 サラリーマンも窮屈だ/第3章 田村淳はどのようにして誕生したか/第4章 『一隅を照らす』生き方/第5章 なぜみんなに認められたいの?/第6章 思考停止と依存体質を脱するために/おわりに

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2017年03月17日
紙の本の発売
2017年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

日本人 失格 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月25日

    同じことを考えている人がいる…!
    と、烏滸がましくも思ってしまいました。
    共感の嵐で、ときには思い込みを引っぺがしてくれて…、なんだか興奮してしまいました…。
    ストレートな言い方もいいなぁ。

    小さい頃から
    「なんで勝手に決められてて、そうしないといけないの?」
    「なんで得意なことやったらいけないの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月20日

    ■最澄の言葉「一隅を照らす」
    ・わかりやすく説明すると「自分自身が置かれたその場所で精一杯努力し,明るく光輝くことのできる人こそが,何事にも代えがたい貴い国の宝である。また,一人一人がそれぞれの持ち場で全力を尽くして光れば,やがてその小さな光が集まって日本を,世界を,国をも照らします」ということ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月18日

    最近TVで見ないと思ったら、こんなこと考えていたんですね。淳さん。
    私は好感・共感しました。頭の中の悪魔と天使の議論がスゴイ。賢いんだな~。
    最後の「いちど、日本つぶれちまえw」って感じですね。ほんと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月25日

    タイトルはセンセーショナルですが、内容には非常に共感できました。広い視野と好奇心を持つ淳さんならではの視点と思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月05日

    僕の大好きな芸人さんというかタレントさんの田村淳さん著書の本書。もちろん買いました。

    ぷらちなロンドンブーツのガサイレでロンドンブーツを知り、そこから稲妻ロンドンハーツは全て観ていました。
    元気が出るテレビの後継はバライティ番組はコレだ!と思いながら。
    当時の1999年- 2004年くらいまでのロ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月23日

    最近テレビの枠にハマらないでグレーなラインを攻めるなぁと思ってて、この人がなにを考えているのか興味があって読んでみたけど、それがよく理解できた。
    普通に生きてるだけじゃこの視点は持てない。
    この人の見方が完全に変わった。


    ・自分の好きなこと、楽しいことを突き詰めていくと、他人にへの嫉妬などはなく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月23日

    田村淳が自分の価値観、思想やそれに至った経緯を徒然に語る。
    正直で赤裸々な感じはあるが、論拠や思想の浅薄さは否めない。

    自分は小さい頃から目立つのが好きで女子からモテたくて、
    その目標のために自分を客観視して、合理的に最適な方法を選んできた。
    一方で今の日本人は自分の確固たる価値観を持たず、他人と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月24日

    人生を楽しくするための考え方が書かれている。
    確かに、今の時代の若者は、自分で自分を息苦しくしてる部分があるなぁ。
    他人の評価を気にして、同調ばかりしている。
    そうじゃなく、もっと「個」を磨いていこう、という主張が本書の主題かと思う。

    個人的には、田村淳さんのようなちょっとやんちゃな人が奥さんとの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています